F1 セバスチャン・ベッテル シャルル・ルクレール フェラーリ
元F1ドライバーでCARTで2度チャンピオンを獲得したアレックス・ザナルディは、フェラーリが今季シャルル・ルクレールを起用することを決定したのはセバスチャン・ベッテルに対する“警鐘”だったかもしれないと考えている。

フェラーリは、今年、キミ・ライコネンに代えて、昨年ザウバーでF1デビューを果たしたばかりのシャルル・ルクレール(21歳)をレースドライバーに抜擢。勢いのあるルーキーとセバスチャン・ベッテルとのチームメイトバトルが予想されている。

フェラーリが、シャルル・ルクレールを起用したことについてコメントを求められたアレックス・ザナルディは「とても前向きな選択だと思う。ベッテルを目覚めさせることにも役立つと思う。彼はそんなこと必要としていないだろうがね」とコメント。

「ライコネンも素晴らしいチャンピオンだが、別の判断材料も必要だった。ルクレールは素晴らしいを持っている」

アレックス・ザナルディは、母国の名門F1チームであるフェラーリがトップに返り咲くことを期待していると語る。

「だが、私はベッテルがチームのリーダーにとどまってることを望んでいる。最近のフェラーリの問題はドライバーではなかったからだ」

「クルマをもっと改善させ、決してミスを犯すことのないハミルトン(メルセデス)を倒す必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セバスチャン・ベッテル | フェラーリ | シャルル・ルクレール