セバスチャン・ベッテル DTM
元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーは、インディ500に参戦するというフェルナンド・アロンソの決断が、新しい傾向の始まりになることを期待している。

「昔の日々のようだ」とゲルハルト・ベルガーは、F1ドライバーが他のカテゴリーにも参戦していた時代に言及。

「我々はこのような堅苦しさをそろそろ打ち破らなければならない」

「1985年、私はアデレードでアロウズのために走った。その前日には国際ツーリングカーのマシンでボブ・ジェーンでレースをしていた」

「当時はまだそれが可能だったし、誰もがそれぞれに楽しみを持っていた」

現在、DTMの代表に就任したゲルハルト・ベルガーは、フェルナンド・アロンソのインディ500参戦が新しい傾向の始まりとなることを望んでいる。

「ベッテルは、できることならDTMでレースをしたいと思っていると確信している」とゲルハルト・ベルガーがコメント。

「今日ではドライバーが我々の頃よりも時間的な余裕がある。テストはほとんどないからね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セバスチャン・ベッテル | DTM(ドイツツーリングカー選手権)