セバスチャン・ベッテル
セバスチャン・ベッテルの優勢は、巧妙な“ブロウン・エキゾースト”によるものかもしれないと報じられている。

F1シンガポールGPでのセバスチャン・ベッテルの圧勝後、元チームオーナーのジャンカルロ・ミナルディは、レッドブルの合法性について疑問を呈した。

コースサイドでレースを観戦したジャンカルロ・ミナルディは、セバスチャン・ベッテルのマシンが不思議なくらいハンドリングがよく、“トラクションコントロールが効いていた過去のシーズンのエンジンと似たようなサウンドだったのだ」と述べた。

Autosprint は、シンガポールでのセバスチャン・ベッテルのコーナーリング中のエンジンサウンドを示す動画を公開した。

最新のAutosprint 誌では、“ベッテルの秘密”と題した特集を組み、最近の優位性について報じられた“秘密の情報”を検証。だが、同誌は、レッドブルは“トラクションコントロール”のような何かを使用しているが、それよりも、FIAが規制しているエキゾースト・ブロウン・ディフューザーの挙動を模倣する巧妙なエンジンマッピングを使用しているのではないかと疑っている。

イギリス人ジャーナリストのジェームズ・アレンも「トラクションコントロールよりも、むしろ規約の範囲内でエキゾーストに吹き込むなんらかのマッピングの可能性が高い」と自身のブログで同意している。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / レッドブル