マックス・フェルスタッペン、F1ブラジルGP後のチームオーダー報道は「胸糞悪い」
マックス・フェルスタッペンは、先週末のF1ブラジルGPでチームメイトのセルジオ・ペレスと物議を醸したチームオーダー論争に巻き込まれた後、メディアに批判を向けた。

マックス・フェルスタッペンは、レースの最終ラップで、セルジオ・ペレスに順位を譲りドライバーズチャンピオンシップでのシャルル・ルクレールとの戦いを支援するように指示された。

しかし、マックス・フェルスタッペンはチェッカーフラッグで前に留まり、チームオーダーに協力しなかったことでレース後に激しく批判された。

レッドブル・レーシングは木曜日に声明を発表し、レース後にチームに向けられたソーシャルメディアでの誹謗中傷コメントを批判した。

マックス・フェルスタッペンは、ブラジルでの問題が「シーズンの早い段階で起こったこと」への対応であることを認めた。

しかし、マックス・フェルスタッペンは、レースの週末後にメディアで自分がどのように描かれたかについて不満を持っていると言い、彼と彼の家族の両方が誹謗中傷を受けたと述べた.

「僕たちはチームと自分の間でそれを保っている。彼ら(メディア)は本当の話を知らないので、ストーリーを書く必要はない」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「僕は、このようなでたらめがいつも出回っていることに少しうんざりしている。否定的なことがあればすぐに強調する必要がある」

「正直言って、その一部であることはかなり胸糞悪いね。結局のところ、僕は何も悪いことをしていない。人々は何が起こっているのかを誤解しているだけだ」

「完全な事実を知らずに、人々がすぐに多くの悪いことを書くのは、信じられないほど残念だ」

「それがなぜなのかは分からないけど、結局のところ、そういったことを書くことによって、ソーシャル メディアが抱える問題に貢献している。チームは僕がどのように彼らと仕事をしているかを知っているし、僕はいつもチームに対して正直だった」

マックス・フェルスタッペンは、レッドブル・レーシングはシーズンのもっと早い段階でこの話題について話し合うべきだったと付け加えた。

「メキシコではすでに説明したし、チームはそれを理解し、同意した」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「僕たちはブラジルに行ったけど、レースをして、可能な限り最高の結果を得ようとしていた」

「土曜日は少し誤解があった。スワップの可能性については何も言われていなかった。彼らが無線で何かを言ったのは最後のラップになってからだった」。

「彼らは、僕が前の週に言ったことの後で、僕の反応をすでに知っていたはずだ」

「あのレースの後、僕たちはいくつかの良い議論を交わし、すべてをテーブルに置いて、すべてが解決した。後から考えると、ぼく は決して悪いチームメイトではなかったし、もっと早くその会話をするべきだった」

「僕はいつもとても助けている。チームはそれを知っている。 結局のところ、それはチームの努力だし、僕は常にチームを一番前に置いている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / F1アブダビGP