マックス・フェルスタッペン 「ホンダがF1にワークス復帰したら歓迎する」
マックス・フェルスタッペンは、ホンダがレッドブルを「本当に離れたと感じたことはなかった」とし、日本グランプリで関係を強化しているホンダがF1ワークス復帰すれば歓迎すると語る。

ホンダは、2021年末に正式にF1から撤退したにもかかわらず、レッドブルはホンダのモータースポーツ部門の支援を受けて、2025年末までメーカーのパワートレインを使用する予定となっている。

新型コロナウイルスのパンデミックによる混乱の後、鈴鹿サーキットは今週末、ホンダがレッドブルへのサポートを強化した2019年以来初めてF1カレンダーに復帰する。

ホームレースに先立ち、ホンダのフルロゴがレッドブルとアルファタウリのF1マシンに使用され、セルジオ・ペレスはホンダ・レーシング・スクールのドライビング・アカデミーのアンバサダーとなることが発表された。

2026年に向けてポルシェとのパートナーシップが正式に解消されたことを受けて、ホンダはレッドブル・パワートレインズをサポートするためにワークスペースでF1に復帰する可能性があるという憶測がある。

ホンダのサポートの増加について 質問されたマックス・フェルスタッペンは「クルマにフルネームが戻ってくるのは素晴らしいことだ」とコメント。

「HRC(ホンダ・レーシング・コーポレーション)がすでにクルマに掲載されていたので、ホンダが本当に離れたと感じたことはなかった。

「ホンダの名前がホームグランプリの直前にマシンに戻ってきたことは特別なことだ」

「僕たちは一緒に本当にうまく働いてきました。仕事上の関係という点では、本当に楽しかった。昨年と比較すると、とにかく多くは変わっていない」

「ホンダの名前が戻ってきて、より目立つようになったことをとても嬉しく思う」

「将来については、今それについて話すのは時期尚早だ。でも、一般的に、F1のホンダの名前は素晴らしいと思う。彼らが再び戻ってくるのを見るのはとても素晴らしいことだろうね」

アルファタウリのF1ドライバーであるピエール・ガスリーは、2023年にアルピーヌに移籍すると予想されており、早ければ日本で発表される可能性があるが、フランス人レーサーはフェルスタッペンの支持に同意した。

「エンジンについて話すときは、常にホンダのパワーユニットと呼んでいる」とピエール・ガスリーは語る。

「僕たちにとっても、ちょっとした事務処理を除いて、物事が実際に変わったことは一度もないように感じてい」

「彼らが戻ってきて、100%存在するように完全にコミットしていることを嬉しく思う」

ピエール・ガスリーは、マックス・フェルスタッペンがホンダ RA621H パワーユニットでドライバーズチャンピオンを獲得する前にF1 から撤退する意向を発表したホンダのF1撤退への驚きを付け加えた。

「世界選手権で優勝した彼らが去ったときはとても驚いた。『よし、今こそ彼らが輝く時だ』と思ったからね... 彼らには辞める理由があった」

「彼らはすぐに、『OK、我々はまだ足場を維持し、レッドブルとの契約に資金を提供して、スポーツにコミットし続けたい』と言った」

「全体像として、パドックではホンダを本格的なメーカーとして見ることを望んでいると思う」

「彼らはF1でトップチームのように運営するためのすべての設備とリソースを持っているし、将来的にはそれが見られることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1日本GP