マックス・フェルスタッペン 「ホンダとの関係によってF1日本GPは特別」
レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは、F1日本グランプリでF1ワールドチャンピオンを獲得する13人目のドライバーになるためには、鈴鹿サーキットで“完璧な週末”をおくる必要があると語った。

マックス・フェルスタッペンは、今週末のF1日本GPで優勝とファステストラップを獲得すれば、ライバルの成績に関係なく、アラン・プロストやセバスチャン・ベッテルなどの足跡をたどって鈴鹿サーキットで2度目のF1ワールドチャンピオンを獲得する。

しかし、前戦シンガポールで予選8位、決勝7位でフィニッシュしたマックス・フェルスタッペンは、日本ではもっとうまくやる必要があると認めた。

「ホンダとの関係のおかげで、少し特別なものになるだろう」とマックス・フェルスタッペンは今週末のタイトル獲得の可能性について語った。

「昨年、ここでタイトル争いができなかったことはすでに残念だったと思う。だから、ここに戻ってくることを本当に楽しみにしているし、何が起こるか見てみよう。僕たちには完璧な週末が必要だ。それは確かだ」

「ここでそれが実現すればとてもいいことだけど、もしそれがここで起こらないとしても、次のレースにはもっと優位に立てるだろう。実際には何も変わらない。良い週末を過ごしたいし、できる限りのことをしたいと思っている。もちろん、ここでタイトルを獲得するには完璧な週末が必要だけど、正直なところ、あまり考えていない」

レッドブルF1のチーム代表であるクリスチャン・ホーナーが、マックス・フェルスタッペンが「怒りを爆発させた」と語った予選では燃料不足の車のためにQ3ラップを中止し、8番グリッドからレースをスタートすることになった。

マックス・フェルスタッペンは鈴鹿で「ロケット科学ではない。つまり、燃料レベルに注意するだけだ!」と語った。

「だから、実際に変更することはあまりない...車に5周給油すると、5周することができる。6周することはできない。それについて何時間も話すことができるけど、突然何かが変わるわけではない」

「それだけでなく、金曜日は周回数の点で非常に貧弱だった。また、クルマに変更を加えたためにいくつかうまくいかなかったことがあり、濡れていたためにテストもできず、それをレースに持ち込んだので、非常に厄介な週末だった。過ごしたくない週末の典型的な例にすぎなかった。そこから学ぶものだ...」

今週末、ホンダは、レッドブルとアルファタウリのF1マシンにブランドのロゴを戻す。昔ながらのお気に入りのサーキットとそのユニークなファンの復活により、マックス・フェルスタッペンは鈴鹿サーキットに戻ることに本当に興奮していると語った.

「ファンはとても情熱的で、クレイジーだ。良い意味でね。彼らは本当にドレスアップもしている。たとえば、頭にDRSリアウイングをつけて歩いている人をかなり見かける」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「これは、日本でモータースポーツが一般的にいかに人気があるかを示している。東京に到着し、テレビをつけると、最初に飛び出したのはレースだった。別のカテゴリーだったけど、それでもだ。素晴らしい文化であり、それが僕たちがここに来るのが好きな理由だと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1日本GP