マックス・フェルスタッペン 「ホンダの名前がF1マシンに復活するのは素晴らしいこと」
レッドブルF1のマックス・フェルスタッペンは、エンジンメーカーのホンダが2021年末で正式にF1から撤退したにもかかわらず、F1から「離れたと感じたことない」と語った。

マックス・フェルスタッペンは、引き続きホンダが設計および製造したパワーユニットを使用しているが、Red Bull Powertrains エンジンとしてバッジが付けられている。

これまでの状況では、ホンダは、事実上の契約者としての両方の車にレーシング部門のHRCのロゴを掲載していたが、F1日本GP鹿からは、ホンダとレッドブルの間の「強化された」コラボレーションの一環として、メインのホンダのロゴも戻ってくる。

ホンダは、今年の初めに、レッドブルと025年の現在のF1ルールサイクルの終わりまで、仕様が凍結されたF1エンジンの組み立てを継続することに合意しており、その後、次のサイクルに取り組む可能性もある。レッドブルが計画していたポルシェとの協力が失敗に終わって以来、次の一連のパワーユニット規制に取り組む可能性がますます大きくなりつつある。

「ホンダのフルネームがマシンに復活するのは素晴らしいことだ」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「HRCはすでに車に掲載されていたので…ホンダが離れたと思ったことは一度もなかった」

「そして、もちろん、ホンダがホームグランプリの直前にF1マシンに戻ってきたことは特別なことだ。僕たちは一緒に仕事をしてきた。本当に楽しかった」

「昨年と比較して、仕事上の関係に関しては、とにかく多くは変わっていない。名前が戻ってきてとてもうれしい」

HONDAロゴ復活でホンダの“F1撤退”はさらに混乱

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1日本GP