マックス・フェルスタッペン 「日本のF1ファンは親切で礼儀正しい」
マックス・フェルスタッペンが、レッドブル・レーシングのプレスリリースで2022年F1日本GPへの意気込みを語った。

昨年のF1ワールドチャンピオンとして、マックス・フェルスタッペンはホンダのホームGPである鈴鹿に凱旋する。そして、今年のF1日本GPでは優勝してファステストラップを記録すれば、他のドライバーに関係なく2度目のF1ワールドチャンピオンが確定する。

「久しぶりに日本に戻ってきた。鈴鹿でレースをするのが待ちきれない」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「僕は日本にいるのが大好きだし、ここにはたくさんの良い思い出がある。食べ物は素晴らしいし、ファンはとても特別だ。彼らはとても親切で礼儀正しい」

「ドライバーズチャンピオンシップを獲得するチャンスはまた当たらなチャンスだ。完璧な週末を過ごさなければならないけど、それは可能かもしれないし、全力を尽くす」

「トラックは非常にオールドスタイルで、高速コーナーがたくさんあり、セッションごとに構築する必要がある。 雨が降ると聞いているので、そうなれば少しスパイスが加えられるかもしれない。天気がどうなるか見てみよう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1日本GP