マックス・フェルスタッペン 「スタートでアンチストールに入った」 / F1シンガポールGP 決勝
マックス・フェルスタッペンは、F1シンガポールGPのスタートでクラッチを離した後、アンチストールが起動したことが原因で発進がうまくいかなかったと語る。

レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは、マシンがほぼアンチストールモードに入った後、8番グリッドからターン1 までに12番手に落ちた。

その後、マックス・フェルスタッペンは反撃したが、40周目にランド・ノリス(マクラーレン)をパスしようとしたときにスピンし、再びピットインを余儀なくされ、13番手でコースに復帰した。

最終的にマックス・フェルスタッペンは、スタートティンググリッドよりも1つ上位の7位でフィニッシュしたが、それは「僕たちが望んでいた場所ではない」と語った。また、猛烈な日曜日は、燃料不足によってポールポジションを獲得する可能性のあったラップを中止することを余儀なくされた予選での苦労に部分的に起因していると語った。

マックス・フェルスタッペンは「クラッチとアンチストールで順位を落とした。なぜそれが起こったのかを分析する必要があるけど、多くのスポットを失った」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「そこから何人かを追い抜こうとした。うまくいった人もいたけど、トレインの中で少しスタックしてしまった。誰もがタイヤの温度を上げているので、追いつくのは本当に難しい」

「もちろん、僕たちは少しラッキーだったし、いくつかミスをした人もいた」

「僕たちは5位で、4位のランドをパスしようとしていた。彼と並ぶとすぐにブレーキをかけた。遅れたわけではなかったけど、底を打ってしまった。ボトミングとオフラインですでにかなり苦労していたし、さらにでこぼこしていたかもしれない」

「だから、ブレーキを踏むとすぐに前輪が宙に浮いて、そのまま直進してしまった」

「バイブレーションが大きかったので、もう一度ボクシングをしなければならず、新しいタイヤを装着して、最後尾からポイントに戻った」

「僕たちが望んでいる場所ではないけど、もちろんそれは昨日から始まっている。あのようなスポットに身を置くと、見事に機能して前に戻ることができるか、あるいは僕たちが経験したように非常にイライラするかのどちらかだ」

最終ラップでセバスチャン・ベッテルを追い抜いて7位になったことは慰めになるかと質問されたマックス・フェルスタッペンは「8位よりはましけけど、それは僕がここにいる目的ではないし、僕たちがプラクティスで示していた車でもない。信じられないほど乱雑だった」と付け加えた。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / F1シンガポールGP