マックス・フェルスタッペン、無線不通でサインツの猛追を封じ込める / F1カナダGP 決勝
マックス・フェルスタッペンは、F1カナダグランプリのレース終盤にカルロス・サインツJr.からのプレッシャーにうまく対応しているように見えたが、レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、彼に影響を与えたわずかな問題が1つあったことを明かした。

マックス・フェルスタッペンは、2番手のカルロス・サインツJr.からプレッシャーをかけられ、ジル・ヴィルヌーヴ・サーキットで緊迫した最後の数周に直面した。しかし、フェルスタッペンは冷静さを保ち、2022年シーズンの6勝目を収めた。

かなり快適な週末だったかと質問されたレッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーはその考えに反論。マックス・フェルスタッペンがレース終盤に無線に問題を抱え、コミュニケーションの問題を引き起こしたことを明らかにした。

「VSC(バーチャルセーフティカー)以降の最後の10周ほどは、まったく快適ではなかった」とクリスチャン・ホーナーはSky Sport F1に語った。

「今日のフェラーリはストレートで非常に速かく、マックスはDRS圏内から抜けることができなかった。彼らは縁石を攻撃して、近くにとどまることができた」

「しかし、1つのミスも犯さなかった」

クリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンが無線なしでも問題なく対処したと称賛する。

「車との通信が途絶えた、もしくは一方通行だった」とクリスチャン・ホーナーは説明した。

「彼は我々の声を聞くことができたが、我々は彼の声を聞くことができなかった。だが、彼は我々の声をあまり聞く必要はなかったと思う!」

また、クリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンをプッシュし続けたカルロス・サインツを賞賛した。

「今日のカルロスを称賛したい。彼は彼を本当に一生懸命にプッシュしていた」とクリスチャン・ホーナーは続けた。

「我々は最初のVSCでその早期にピットストップに向かったので、戦略は明確ではなかった。それがレース終了への最良のルートであると感じた」

「それから次のVSCが来た。カルロスも事実上のフリーストップを獲得し、彼は明らかにレースの終わりにそれを美しくセットアップした。非常にタイトだった」

マックス・フェルスタッペン レッドブル・レーシング F1 カナダグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / F1カナダGP