マックス・フェルスタッペン 「フェラーリに対してタイムを失っている」 / レッドブル・レーシング F1オーストラリアGP 金曜フリー走行
マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)は、2022年F1第3戦オーストラリアグランプリ初日にフリー走行を2番手タイムで終えた。

F1オーストラリアグランプリのオープニングプラクティスセッションでの4番手タイムを記録したマックスフ・ェルスタッペンは、FP2でトップのシャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)から0.25秒差の2番手で初日のセッションを終えた。

「最初のセッションと2回目のセッションの開始時は、バランスが完全に正しくなかった」と走行を終えたマックス・フェルスタッペンは語った。

「最後の走行のために車を少し変更して、すでに感触が良くなっていた。僕たちはまだフェラーリに対して少しタイムを失っているけど、週末のギャップを最小限に抑えるように努めていく。彼らが再び速いのは町がない」

「ロングランでは、すべてが安定していて、良さそうなので、それについては満足している。今日は本当に進歩を果たすことができた。スタートがトリッキーだったのでそれが必要だった。。僕たちは正しい方向に進んでいるし、明日にむけていくつかの小さな改善を初ことができることを願っている」

週末の残りについてマックス・フェルスタッペンは「明日何をもたらせるかはわからないし、フェラーリは速そうだ。やるべきことはあるけど、僕たちはそこら辺にいると思う」

アルバート・パーク・サーキットに戻ってくるのは3年ぶりとなる。

「いい感じだった。グリッドはあるし、バンプも少なくなっているので、コーナーでもっと攻めることができる。今日のここでのラップを楽しんだ」とマックス・フェルスタッペンは語った。

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング) F1 オーストラリアグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / F1オーストラリアGP