F1:夢を実現したマックス・フェルスタッペン 「これからのタイトルはボーナス」
レッドブルF1のマックス・フェルスタッペンは、F1ワールドチャンピオンを獲得するという夢を実現したことで、これからのタイトルはボーナスになると語る。

2021年のF1世界選手権の大部分をリードしていたマックス・フェルスタッペンだが、不運なインシデントがいくつかあり、ルイス・ハミルトンと同ポイントで最終戦F1アブダビGPを迎えた。

予選でポールポジションを獲得したマックス・フェルスタッペンだが、決勝ではルイス・ハミルトンがリードしたが、終了間際のセーフティカーとそれを巡るF1レースディレクターの物議を醸す処理が味方し、ファイナルラップでハミルトンを抜いて自身初のF1ワールドチャンオンを獲得した。

24歳でF1ワールドチャンピオンとなったマックス・フェルスタッペンは、勝てるマシンがあれば、再びタイトルを獲得できると確信しているが、もはやそれは大きなモチベーションではないと語る。

「勝利後は安心した。ずっと夢だったからね。もtろん、もう一度勝つことなどはこれからは最終的にボーナスになる」とマックス・フェルスタッペンはSport undTalkに語った。

「でも、最初のレースに戻ったら、もちろん、また勝ちたいと思う。そして、再び最速のマシンを持っているとき、再びそれを達成するだろう」

マックス・フェルスタッペンの父ヨス・フェルスタッペンは、F1への彼の旅の大きな部分を占めていた。新しいF1ワールドチャンピオンは、父との野心を達成した直後に彼と祝うことができるのは特別なことだったと語る。

「もちろん、マシンから降りたとき、私はすぐに彼に会った」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「僕たちがヨーロッパ中を一緒にドライブし、F1に参加する、そして、チャンピオンシップにもつという夢を実現するために、カートの時代からやってきたすべてが蘇ってきた。30~40秒くらいだったかもしれないけど、父がそこにいるのは本当に良かった」」

マックス・フェルスタッペンは、複数のF1タイトルを獲得することを夢見たことはないと主張しているが、今年の成功を再現するために、今後10年間はレッドブF1ルに留まりたいと語った。

「今の自分のいる場所にとても幸を感じている。これをさらに10~15年間一緒にできることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1