マックス・フェルスタッペン、裁定に不服「レースよりもペナルティを重視してる」 レッドブル・ホンダ F1サウジアラビアGP 決勝
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、F1サウジアラビアGPでのルイス・ハミルトンとの物議を醸す複数のインシデントもあり2位でフィニッシュ。F1が「レースよりもペナルティを重視している」と批判した。

マックス・フェルスタッペンは、レース中にコース外で不当にアドバンテージを得たとして5秒ペナルティを科され、レース後にはハミルトンが“ブレーキテスト”と呼んだ接触事故に10秒ペナルティを科された。

マックス・フェルスタッペンはチームからルイス・ハミルトンを通過させるように命じられ、メインストレートのDRSを確保するために最終コーナーの前で“戦略的”にルイス・ハミルトンにポジションを返そうとしてスローダウンして追突された。

その後、ミディアムタイヤが摩耗してきたマックス・フェルスタッペンは、ハードタイヤのルイス・ハミルトンに抜かれて2位でレースを終えた。

また、チームメイトのセルジオ・ペレスのクラッシュによって引き起こされた赤旗中断後のリスタートでは、初のスタート時に2コーナーでコーナーカットしてリードを守ったとして、2ポジションダウンという裁定が下されいている。

ファン投票によるドライバー・オブ・ザ・デイに選出されたマックス・フェルスタッペンは、レース直後のインタビューで展開に不満を述べた。

「幸いなことに、ファンはレースについて明確な心を持っている。今日起こったことは信じられないことだ」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「僕はただレースをしようとしているだけだ。最近のこのスポーツはレースよりもペナルティが重要だ」

「僕にとってこれはF1ではないけど、少なくともファンはそれを楽しんだ」

「今日は全力を尽くしたけど、明らかに十分な速さではなかった。それでも、2位に満足している。」

マックス・フェルスタッペンは、レース後の記者会見でも、レースコントロールの決定に同意していないと繰り返し述べた。

「完全には同意できないことがたくさん起こったけど、しょうがないことだ」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「少なくとも僕はコース上でそれを試したわけだし、全力を尽くした」

ルイス・ハミルトンに追突された件について質問されたマックス・フェルスタッペンは「僕は減速した」とコメント。

「彼に追い抜いてほしかったので、右側に寄ったけど、彼は追い越したくなかった。それで僕たちは接触した。何が起こったのか、僕にはよく分からない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1サウジアラビアGP