マックス・フェルスタッペン、無念のクラッシュも「全てがかみ合ってきている」 レッドブル・ホンダ F1サウジアラビアGP 予選
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、F1サウジアラビアGPの予選Q3でクラッシュを喫して3番手に終わった。

Q3予選終盤に3番手につけていたマックス・フェルスタッペンはトップ2を占めるメルセデス勢を上回り、ポールポジションに向けてアタックを開始。

セクター2まで0.2秒以上、上回る速さを見せたが、最終コーナーの出口で奥まで行き過ぎてしまい、壁と接触。最後のアタックラップを走り切ることができなかった。フェルスタッペンは決勝3番手からのスタートとなる。

「最終コーナーまではとても調子よくまとめられていたアタックラップだった。いつもと変わらずコーナーにアプローチしたつもりが、リアを失ってしまった」とマックス・フェルスタッペン。

「自分自身にとてもがっかりしている。残念な結果になったが、今シーズンはまだ残り2レースある中でなにが起こるか分からない」

「予選ではとてもいいマシンを用意できたと感じているし、ペースもよく、全てがかみ合ってきているように思うので明日のレースに希望を持っている。明日はトップについていくことができれば、チャンスが生まれるはずなので、いい戦いができるようがんばる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1サウジアラビアGP