マックス・フェルスタッペン 「残り2戦ですべてを出し尽くすだけ」 レッドブル・ホンダ F1サウジアラビアGP プレビュー
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンが、2021年 第21戦 F1サウジアラビアGPへの意気込みを語った。

「カタールGPは、それほどよくもなく、かと言って悪くもないといったレースだった。オーバーテイクが可能だったのはポジティブな驚きだったし、ペナルティーで後方グリッドだったけど、スタートも上手くいった」とマックス・フェルスタッペン。

「メルセデスと比べて少しペースが足りなかったけど、今週末はどうなるか見ていく。カタールのコースはドライブしていてとても楽しく、僕のお気に入りに加わった」

「ジェッダについては、シミュレーターでドライブしたけど、かなりの高速コースなので、ミスできる余地はない。まだ実際には走った経験がないので、想像しながらという部分はあるけど、面白くなるはずだし、チャレンジするのが楽しみだ。未知のコースへ行くのは楽しい」

「残り2戦だけど、僕は冷静だし、常にできる限りのベストを尽くしているので、結果は最後にはっきりするはずだ。まだ何も決まってないし、僕らは全員でチャレンジしていく。まだレースは残されていますが、すべてを出し尽くすのみだ。エキサイティングなシーズンの終わりになるはずだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1サウジアラビアGP