マックス・フェルスタッペン 「最後の雨はヤバいと思った」 レッドブル・ホンダ F1アメリカGP 予選
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1アメリカGPの予選Q3の最後に降った雨がラップを台無しにして、ポールポジションを逃すことを恐れていたと語る。

予選は非常に緊迫した戦いとなり、最後のアタックを前に、マックス・フェルスタッペン、ルイス・ハミルトン、セルジオ・ペレスの誰がポールポジションを獲得するかは全く分からない状況だった。

1回目のアタックの後に暫定ポールに立ったのはセルジオ・ペレス、マックス・フェルスタッペンが2番手につけていた。だが、ルイス・ハミルトンは最後のアタックで二人を上回った。

ルイス・ハミルトンよりも後のアタックとなったレッドブル・ホンダF1の二人だが、最後、特に最終セクターで雨が強くなり始めた。

最終的にマックス・フェルスタッペンはポールポジションを獲得したが、3人のなかで最後にアタックしたセルジオ・ペレスは雨の影響を受けて3番手で終えた。

マックス・フェルスタッペンも、ラインを越えるまで最悪の事態を恐れていたと語る。

「Q3の最初のラップは素晴らしいものではなかった」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「でも、最終ラップで同じようになり始めた。特に最終セクターでは少し霧雨が降っていたので、自分のタイムを更新できるかどうかは分からなかった」

「でも、ラップタイムを出して、ポールポジションを獲得するには十分だったね。チームとしてP1とP3にもなれた。非常に力強いパフォーマンスだったと思う」

週末の初めに、ポールポジションを獲得することはマックス・フェルスタッペンとレッドブル・ホンダにとって遠い夢のように見えた。メルセデスはFP1で快適に強く見えた。

しかし、それ以来、レッドブル・ホンダはすべてのセッションでトップに立った。マックス・フェルルスタッペンはそれをタイヤの理解の向上に落とし込んでいる。

「昨日はあまり満足していなかったし、もちろん今日も完全には満足していなかったけど、間違いなく正しい方向に進んだし、それが助けになった」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「FP1の後、『かなり大きなギャップだ』と少し思ったけど、その後、ゆっくりと少しずつ改善したし、今日は前に出ることができたように思う。もちろん、チーム全体の多大な努力だ」

「トルコの後、僕たちはそこでのパフォーマンスに完全に満足していなかったけど、もちろん、それはターマックがまったく異なるトラックであり、フィーリングも違った」

「結局のところ、地面に触れているのはタイヤだけであり、それらはシーズンを通して多くの異なる挙動をする。ですから、そこに少し見つけることができれば、このトラックでも少し違いが出るかもしれない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1アメリカGP