アルファタウリF1代表 「タイトルを獲得するのはフェルスタッペン」
アルファタウリF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、2021年のタイトル争いを制するのはマックス・フェルスタッペンだと考えている。

マックス・フェルスタッペンは、残り7戦でルイス・ハミルトンに2ポイント差のランキング2位につけているが、フランツ・トストは、フェルスタッペンがタイトル争いを優位に進める理由としてプレッシャーへの対応力を挙げた。

オランダ人ドライバーは、残り7レースでチャンピオンシップでルイスハミルトンを2ポイント下回っている可能性がありますが、トストは、フェルスタッペンが、2021年がクライマックスに向けて成長するにつれて、彼を良い立場に置くプレッシャーに対処する能力を示したと信じています。

「答えはザントフォールトでのホームレースだった」とフランツ・トストは  F1-Insider に語った。

「母国の熱狂的なファンの前であらゆる期待のプレッシャーのなかで優位に立つことができれば、もはや何も恐れる必要はない。それは私に非常に感銘を与えた」

「マックスはバランスを崩すことはない。彼はレースごとに集中している。彼はすべてのレースに勝ちたいと思っている。衝突を避けるべきなら、彼はそうする。そうでなければ、そうすることはない。それだけだ!」

「これからもエキサイティングなレースシーンがいくつもあるだろう。そして、私は、マックスが最終的にタイトルを獲得できれば幸いだ」

マックス・フェルスタッペンが24歳で最初のF1世界選手権タイトルの可能性に迫っており、フランツ・トストは彼がF1の伝説の足跡をたどることができると信じている。

マックス・フェルスタッペンを以前のF1ワールドチャンピオンと比較するように求められたフランツ・トストは慈悲深いブラジル人を選んだ。

「それは常に難しい質問だ」とフランツ・トストは認めた。

「しかし、彼はリスクを冒す意欲と絶対に勝つ意志の観点から、アイルトン・セナの方向に進む可能性が最も高いと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / アルファタウリ