マックス・フェルスタッペン、ラッセルの活躍に「ウィリアムズは悪いF1マシンではない」
レッドブル・ホンダのマックスフェルスタッペンは、ジョージ・ラッセルは非常に優れたドライバーではあるが、ウィリアムズのF1マシンも人々が考えるほど悪くはないと語る。

2022年にメルセデスのF1ドライバーを務めることが決定しているジョージ・ラッセルは、最近の素晴らしい走りを見せており、過去5レースのうち4レースでポイントを獲得。予選ではトップ3を2回記録している。

2019年から今シーズンまでウィリアムズはわずか1ポイントしか獲得できておらず、ジョージ・ラッセルも今季までチームとポイントを獲得したことがなかった。

マックス・フェルスタッペンは、ランド・ノリスを称賛するが、活躍にはF1マシンも関係していると考えており、ウィリアムズのF1マシンは一部の人々が考えているほど悪くはないと感じている。

「ジョージは確かに彼は非常に優れたドライバーだ」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「しかし、このようなことをすることができるとき、それは人々が考えるほどマシンが悪くないことも示している」

「彼はポイントを獲得し、良い予選をしている。確かに、スパでは、そのマシンはレッドブルやメルセデスほどではないけど、彼らはより多くのウイングより多くのダウンフォースを走らせた。当然のことながら、すべてが少し近づき始めている」

「それでも、彼はまだ素晴らしい仕事をしたけど、そのマシンは人々が思っているほど悪くはないことを人々は理解しなければならないと思う」

ウィリアムズのパフォーマンス責任者であるデイブ・ロブソンは、マックス・フェルスタッペンのコメントに異議を唱えず、クルマが改善されたことが結果に大きな役割を果たしたことを認め、また、特に状況の変化において、チームが正しい決定を下す能力が大きな要因であると感じている。

「つまり、ええ、マシンが要因だ」とデイブ・ロブソンは語った。

「本当に悪かったら、我々はそれらの結果を得ることはできないだろう。マシンにウイングを追加してはいない。これが我々の最高のドライカーだ」

「我々は全般的に適切なタイミングでコースに適切な送り出す良い仕事をしていると思う。ただし、ロシアのQ1でのジョージのケースはは少し例外だ」

「このようなコンディションでインターミディエイトタイヤからある程度のグリップを見つけることができたようだ。そして、今回のケースでは、最後にスリックも選択した。だが、それはすべて、十分に早くそれらでコースに出ることが重要だったと思う」

「このマシンにはいくつかの強みがあるのは確かだ。昨年のマシンと比べてもそれは確かだ。いくつかの長所がある。酷いマシンではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / ウィリアムズ / ジョージ・ラッセル