マックス・フェルスタッペン、3グリッド降格も「まだ何も失ったわけじゃない」 / レッドブル・ホンダ F1ロシアGP プレビュー
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが、2021年F1ロシアGPへの意気込みを語った。

前戦F1イタリアGPでのルイス・ハミルトンとの物議を醸すクラッシュを演じたマックス・フェルスタッペンには、F1ロシアGPで3グリッド降格ペナルティが科されている。

「(モンツァでの出来事について)起こったことを振り返るのは自由だけど、前を向いてプッシュし続けることが大切だ」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「あれはレーシングアクシデントだったと信じているけど、3グリッド降格ペナルティーが科されてしまったので、それに対処しなければならない。モンツァでのレースは、さまざまな理由で僕らの一日になりませんでしたが、ソチへと目を向けている」

「ソチは僕らのチームにとって決していいコースではなかったので、昨年2位に入れたことは素晴らしかった。今季は競争力が増しているし、パッケージもよくなっているので、ソチでの競争力がどうなるか、面白くなるはずだ」

「モンツァとは全く異なるコースで、週末は雨の可能性もある。路面もコースレイアウトも、これまでのレースとは違っているので、ソチへ行くのが楽しみですし、何ができるか見ていきたい」

「ペナルティーはいいことではないですが、まだ何も失ったわけではない。ドライバーズチャンピオンシップを考えてもまだ多くのレースがあるし、差もわずかだ。今あるパッケージを機能させて、レースウイークで最大限の成果を目指していく」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1ロシアGP