デイモン・ヒル、マックス・フェルスタッペンの意図的な衝突だと仮定 / F1イタリアGP 決勝
1996年のF1ワールドチャンピオンであるデイモン・ヒルは、マックスフェルスタッペンがF1イタリアGPの決勝でタイトルライバルのルイス・ハミルトンに意図的に衝突したことを示唆した。

2021年のタイトル争いの主役の二人は、F1イタリアGPの26周目にポジションを争って最初にシケインで衝突した。フェルスタッペンはターン2のエイペックスで膨らみ、ソーセージ縁石で跳ね返った後、ハミルトンのマシンに乗り上げた。

マックス・フェルスタッペンは、リイス・ハミルトンが十分なスペースを残せなかったと主張し、両方のドライバーはインシデントについてお互いを非難した。

しかし、アデレードでのタイトル対決で物議を醸した衝突の後、ミハエル・シューマッハに1994年のF1ワールドチャンピオンを明け渡したデイモン・ヒルは、マックス・フェルスタッペンが「判断の誤りまたは計算された動き」をしたと非難した。

「ターン1でのルイスに対するマックスの再走を見ると、彼にはその仕事をする方法はなかったと言わざるを得ない」とデイモン・ヒルは Sky F1 に語った。

「その前に、ルイスが事故を避けるために2番目のシケインで行ったように、彼は回避行動をとらなければならなかった。、唯一の結論は彼が『僕は彼を連れ出さなければならない』と考えていたかもしれないということだ」

「どんなドライバーについてもそんなことは考えたくないが、それは判断の誤りか、ルイスと衝突するための計算された動きのどちらかだったと思う」

「それは強力なものであり、私は誰かを非難しているという考えは好きではないが、彼はポイントアドバンテージを持っており、これはメルセデスが勝つはずだったレースだった」

「そのバイブスに尽きる。マックスはまだチャンピオンシップのリードを保っている」

マックス・フェルスタッペンは、インシデントの調査後、スチュワードから3グリッド降格ペナルティを科された。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1イタリアGP