優勝のフェルスタッペン 「残りのシーズもこのような戦いが続くと思う」 / F1フランスGP 決勝
F1フランスGPを制したレッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、ライバルであるルイス・ハミルトンと”残りのシーズンもこのような戦いが続いていく”と考えており、懸命に作業をしていくことの必要性を説いた。

マックス・フェルスタッペンとレッドブル・ホンダF1は、F1フランスGPで2ストップ戦略という大胆な賭けを成功させ、残り2周でルイス・ハミルトンをオーバーテイクし、フェルスタッペンは今季3勝目を挙げた。

メルセデスF1がすぐにマックス・フェルスタッペンに反応しなかったことは戦略的ミスとなり、ルイス・ハミルトンは1ストップに固執するしか選択肢はなくなった。

「レース全体を見ることができるたと思うけど、僕たちは互いに戦っていた」とマックス・フェルスタッペンは語った

「残りのシーズンもこのような戦いが続いていくと思う」

「バックマーカーがかなりたくさんいたので難しかったけど、幸いなことに彼ら全員がうまくやってくれて、最後まで良い戦いをすることができた」

「最初は風が少し難しかったし、ある周はバランスが良くても、次の周はどこでも滑っていたりした。マシンを安定させるのは本当に大変だった」

「1回目のピットストップをして、ハードタイヤで彼らが後ろから強くプッシュしてくるのがはっきりと分かったけど、その後、僕たち2ストッで行くことに決めた。幸運なことに、それは報われたけど、僕たちは一生懸命に働かなければならない。それのための。もちろん、それは非常にやりがいがあることだ」

マックス・フェルスタッペンの勝利は、最初のコーナーでオーバーシュートしてルイス・ハミルトンにリードを与えたことから始まった。

ターン1で何が起こったのかと質問されたマックス・フェルスタッペンは「リアのコントロールを失った。それだけだ。ただひたすら修正しようとしたけど、どうにもならなかった」と語った。

マックス・フェルスタッペンは、今回の勝利でルイス・ハミルトンとの差を12ポイントに広げた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1フランスGP