ピレリF1責任者 「タイヤを蹴ったフェルスタッペンの怒りは理解できる」
ピレリのF1責任者を務めるマリオ・イゾラは、F1アゼルバイジャンGPでタイヤバーストでクラッシュを喫したマックス・フェルスタッペンが、怒りが最高潮に達して細断されたタイヤに蹴りを入れた気持ちは“完全に理解できる”と語る。

この事故によって、勝利とチャンピオンシップのリードを広げるチャンスを失ったマックス・フェルスタッペンは、ピレリがタイヤ故障を認めずにデブリのせいにするだろうとすぐに正確に予測した。

マックス・フェルスタッペンの怒りについて質問されたピレリF1責任者を務めるマリオ・イゾラは「それは完全に理解できる」と Auto Hebdo に語った。

「時速300キロ以上の事故は誰も経験したくはない」

ピレリは、初期の観察がデブリ説を裏付けていると述べたが、現在、完全な調査が進行中である。

マックス・フェルスタッペンは、ランス・ストロールの同様の事故でカーボンパーツを踏んだ可能性があると考えるマリオ・イゾラは「デブリだった場合、将来的にそれを防ぐためにできることを見つけなければならない」と語った。

「そのような鋭利な物体に耐えるタイヤを設計することは事実上不可能だ」

「デブリでない場合は、我々も必要な措置を取らなければならない」

「ミラノの研究所には、顕微鏡検査を行うためのツールがある。そうすることで、切り傷が外部からのものかどうかを知ることができる」

「できるだけ早くそれを実行している。我々の仕事で最も難しいのは、事故後のタイヤへの損傷を除外することだ。タイヤがフロアやサスペンションに接触したときにも損傷が発生する可能性がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / ピレリ / F1アゼルバイジャンGP