レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペン 「ハミルトンの心理戦に乗るつもりはない」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、今後のF1レースでルイス・ハミルトンと“心理戦”を演じるつもりはないと語る。

メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、週末を通してモナコで苦戦し、チャンピオンシップで逆転を許す前、コース上でのマックス・フェルスタッペンと衝突する可能性について心配していると主張した。

だが、マックス・フェルスタッペンは、トロフィーを高く持ち上げた後、「行動は言葉よりも雄弁だ」と言って反撃した。

その声明について質問されたルイス・ハミルトンは心理戦を仕掛けているとの見方を否定し、自分は“幼稚”な議論に引き込まれたくはないと語った。

「僕は心理戦をしているわけではない」とルイス・ハミルトンは語った。

「レッドブルは素晴らしい仕事をしました。それだけだ。あと17レースある」

「僕は言葉の戦争するつもりはない。幼稚だ」

F1モナコGPでは、チームメイトのバルテリ・ボッタスの方が週末を通して競争力があり、ルイス・ハミルトンの奮闘の理由を疑問視する人もいる。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコも、ピエール・ガスリーのアルファ・タウリの後ろを運転しているときに、ルイス・ハミルトンが“驚くほど柔和”に見えたことを疑問に思うと語っている。

有名なイタリアのジャーナリスト、ジョジョ・テルッツィは「モナコでのハミルトンは、悲しく、混乱し、退屈で、少し弱いように見えた」と観察する。

「彼はワールドチャンピオンシップをかけて戦っているドライバーのようには見えなかった」

イタリアの La Repubblica もその意見に同意する。

「ハミルトンは抜け殻のようだった。フェルスタッペンがハミルトンとの決闘の準備ができているかどうかについてまだ疑問を持っている人は、誰もがモナコで答えを得た」

しかし、元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、マックス・フェルスタッペンに満足しないように警告した。

「マックスは適切なバランスを見つけていたが、注意する必要がある。敗北したハミルトンは非常に危険な敵だ」とマーク・ウェバーは NOS に語った。

もう一人の元F1ドライバー、クリスチャン・アルバースは、マックス・フェルスタッペンがコース内外の両方で良いバランスを見つけているように見えると語った。

「平和と集中を見ることができる」とクリスチャン・アルバースは DeTelegraaf に語った。

「実際、彼がより強く、より成熟しているのを見ることができる」

「彼には今、彼のために本当に良い基盤を作ってくれる素敵なガールフレンドがいるからかもしれませんね」とダニール・クビアトとの子供を持つネルソン・ピケの娘ケリーに言及した。

レッドブルF1のヘルムート・マルコも同意する。「我々が今までに見てきたなかで最も成熟したマックスだ」

マックス・フェルスタッペンは、自分にはチャンピオンシップの心理戦をシャットアウトする能力があると語った。

「ハミルトンとのゲームを恐れてはいない」とマックス・フェルスタッペンは語った。「僕には彼を倒すための精神力がある」

「モナコでは、本当にタイトル争いをしていることを証明しなければならなかった。それが僕たちがやったことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / ルイス・ハミルトン