レッドブルF1のマックス・フェルスタッペン 「2021年のチームメイト選定について意見を伝えた」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、2021年に誰とパートナーを組むべきかについてレッドブルに意見を伝えたが、それは純粋にチームとの良好な関係によるものだと語った。

昨年、チームメイトを務めたアレクサンダー・アルボンは、マックス・フェルスタッペンのパフォーマンスに近づくことに苦労したが、アルボンはそのような状況に陥った最初のドライバーではなかった。

2019年にはピエール・ガスリーにもレッドブル・ホンダで走るチャンスが与えられてが、圧倒的なパフォーマンス差がついたことで夏休み後にアレクサンダー・アルボンにシートを譲ることになった。

アレクサンダー・アルボンは、最終戦F1アブダビGPで3位のルイス・ハミルトンにプレッシャーをかける堅実なパフォーマンスを示したが、レッドブルは2020年シーズン限りでアレクサンダー・アルボンをラインナップから外すことを決断した。

マックス・フェルスタッペンは、ダニエル・リカルドがチームを離れて以降、チームメイトキラーとなったが、昨年のドライバーズ選手権を4位で終えたセルジオ・ペレスが加入したことで、2021年にそれは変わる可能性がある。

マックス・フェルスタッペンは、2021年の新しいチームメイトについてレッドブルから意見を求められたことを認めたが、それは自分にドライバーの決定権があるからではなく、チーム上層部との良好な関係によるものだと語った。

「もちろん、自分の意見を述べた」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「でも、結局のところ、それは純粋に僕がクリスチャン(ホーナー)とヘルムート(マルコ)と非常に良い関係を築いているからだ。僕たちはレースや私生活についてはお互いに何でも言える」

「僕は誰も恐れていない。隣に座っていても構わない。それに関しては問題ない」

マックス・フェルスタッペンは、アレクサンダー・アルボンと非常に良好な関係を維持していると付け加えた。

「アレックスは素晴らしい人です。彼のことは非常に長い間知っている」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「彼はF1に到達するのにも苦労したけど、僕たちは非常に良い関係を築いている」

2021年にレッドブルでテスト兼リザーブドライバーを務めるアレクサンダー・アルボンは、マックス・フェルスタッペンについて次のように語った。

「隠すことはないし、彼は正直に伝えるストレートな男だし、問題はない。それが彼だ」とアレクサンダー・アルボンは Ziggo Sport に語った。

「特に彼の自信と、彼が何かを望んでいるときのやり方でそれを見ることができると思う。彼がどのように仕事をして、どのように行動するかを見ることができるし、確かにマックスが強い男である属性を見ることができる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1