マックス・フェルスタッペン 「予選でクリアラップを得るのは難しいだろう」 / レッドブル・ホンダ F1サヒールGP プレビュー
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンが、2020年のF1世界選手権 第16戦 F1サヒールGPへの意気込みを語った。

前戦F1バーレーンGPでマックス・フェルスタッペンは2位表彰台を獲得。チームメイトのアレクサンダー・アルボンも3位表彰台を獲得し、ホンダのF1エンジンを搭載したレッドブル・ホンダとして初めてダブル表彰台を達成した

F1バーレーンGPでのダブル表彰台についてマックス・フェルスタッペンは「僕たちがダブル表彰台を獲得してからしばらく経っていたので、レッドブル・チームに全員にとって素晴らしい結果だった。僕たちにはそれなりのパッケージがあったので、こんなに長い時間がかかったこと、2018年にそれが実現できなかったことにかなり驚いている」とコメント。

「チームとして望んでいる結果だし、もちろん、現時点で僕たちはメルセデスよりも少し遅いけど、彼らがミスをしたときに利用できるようにそこにいる必要があるし、それが僕たちがしたことだ。僕たち二人とも自分たちにできるすべてを最大化した。僕としても2つのレースが計画どおりに進まった後、表彰台に戻れることができてよかった。今はとにかくシーズンをできる限りベストな結果で終えることが重要だ」

バーレーン・インターナショナル・サーキットでのダブルヘッダーの2戦目となるF1サヒールGPでは、事実上、ブレーキングを行うコーナーと呼べる場所は4か所のオーバルのような“アウタートラック”で開催される。

「このようなショートトラックでは、予選でクリアラップを得るのは難しいだろう。特に54秒くらいののラップだしね。コースに出ている人全員が150メートル以内にいると思う!」とマックス・フェルスタッペンは語る。

「ブルーフラッグとバックマーカーは面白いと思うけど、ラップタイムはもう少し拮抗するはずなので、ギャップがそれほど大きくなるとは思わない」

F1バーレーンGPではロマン・グロージャンがマシンが炎上する大クラッシュから奇跡的な生還を果たした。レース後、マックス・フェルスタッペンは、事故を見たことでレースを欠場したいと言うドライバーがいた場合、自分がチーム代表だったから解雇するだろうと語っていた。

そのコメントの真意について質問されたマックス・フェルスタッペンは「人々は僕が言ったことの意味を誤解していると思う」とコメント。

「僕が言いたかったのは、ドライバーとして、僕たちはマシンに乗ることのリスクを知っているので、疑問に思う人がいるならば、彼らはレースをやめることを考えるべきだということだ。レースに不快感を覚えるなら、それは何も悪いことではない。でも、僕たちははチームの一員であり、彼らはマシンを運転するという僕たちの仕事について僕たちを頼りにしている。ロマンが脱出できなかったら、明らかに日曜日の状況は大きく異なっていただろう」

「60年代と70年代にははるかに危険だったと思う。それでも、その時代のドライバーはコースに出ていた。なぜなら、周りの友人を失うリスクが非常に高いことを承知したうえで、彼らはそれが自分の仕事であることを分かっていたし、それが彼らの大好きなことだったからだ」

「現在の安全性は素晴らしいし、僕は全員の決断を尊重しているけど、それが僕の気持ちです。誰もそのような事故を見たいとは思わないけど、本当に重要なのはロマンが無事だったということだけだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1バーレーンGP