マックス・フェルスタッペン、チームメイトにヒュルケンベルグを推薦? / レッドブル・ホンダF1
マックス・フェルスタッペンは、レッドブルF1の首脳陣に2021年のチームメイトとしてニコ・ヒュルケンベルグを望んでいることを伝えたと報じられている。

アレクサンダー・アルボンが今シーズン苦戦し、ピエール・ガスリーのアルファタウリ・ホンダへの残留が確定したことから、2021年にニコ・ヒュルケンベルグがレッドブル・ホンダでマックス・フェルスタッペンのチームメイトを務める可能性は高まっているようだ。

マックス・フェルスタッペンは、ニコ・ヒュルケンベルグと良好な関係を築いており、2人はパドックにいるときにオランダ語で会話している。

以前、マックス・フェルスタッペンは、チームがニコ・ヒュルケンベルグと契約すればハッピーだが、実際には誰がチームメイトであるかについてはあまり気にしていないと語っている。

「決断を下すのは僕ではない」とマックス・フェルスタッペンは ZiggoSport に語った。

「もちろん、彼ら(レッドブル)は僕の意見を求めるけど、結局、(誰が席をとるのか)僕には関係ない」

しかし、DeTelegraafF1Insider の両方からの報道によると、F1ポルトガルGPのレースの週末にレッドブルF1上層部がマックス・フェルウタッペンに意見を求めたとき、彼はニコ・ヒュルケンベルグに同意してほしいと提言したという。

「F1-Insider.comは知っている:フェルスタッペンはチーム内でヒュルケンベルグのポリシーを作成している」とドイツのサイトは報じた。

「2人がうまくやっているという事実は、ヒュルケンベルグの起源に部分的に起因している。彼の故郷であるエメリッヒはオランダとの国境にあり、ドイツ人はオランダ語も上手に話す」

「しかし、もっと重要なことは、フェルスタッペンは、2021年の支配的なメルセデスとの決闘でのためには自分の陣営にサポートが必要であることを知っている」

「そして、フェルスタッペンは、健全な自信と安定した精神力をもったチームメイトが必要だということを知っている。彼の元チームメイトのダニエル・リカルドもそうだったし、ニコ・ヒュルケンベルグもそうだ」

同サイトは、この件についてレッドブル・ホンダF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコにも質問している。

ヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタッペンが彼の意見を公表したことを確認したが、それ以上の詳細には立ち入らず、フェルスタッペンとヒュルケンベルグの間のつながりの重要性を軽視した。

「2020年はうまくいかなかったが、2021年にようやくメルセデスを攻撃し、マックスを最年少チャンピオンではなくとも、世界チャンピオンにしたいと思っている」とヘルムート・マルコは語った。

「また、ドライバーの問題についてマックスにも意見を求めている。我々は彼の意見も知っている」

「しかし、チームの言語は英語であるため、ドライバーがオランダ語を話せるかどうかは決定的ではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / ニコ・ヒュルケンベルグ