マックス・フェルスタッペン 「メルセデスのR&D戦略はレッドブルでは機能しない」 / レッドブル・ホンダ F1ポルトガルGP 木曜記者会見
マックス・フェルスタッペンは、メルセデスが採用した2020年から2021年のマシンへの研究開発リソースの切り替えは、レッドブル・ホンダF1では機能しないと考えている。

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、前戦F1アイフェルGPで、すでに2021年のF1マシンに焦点を合わせるために2020年の開発を停止したと語った。

その影響は、レッドブル・ホンダF1が新しいパーツをもたらし、2つのチームのペースが拮抗したしたニュルブルクリンクに反映されているように見えまた。

トト・ヴォルフは、パッケージに大きな変更があったため、メルセデスは2021年の開発に切り替えることを“徹底的に考え抜いた”と語った。

新型コロナウイルスの影響によって新レギュレーションの導入を2022年に延期するという今年始めの合意に基づき、シャシーとほとんどのメカニカルパーツはフィックスされる。

ただし、割り当てられた2つのトークンシステムを使用すれば、チームは一部のメカニカルパーツをアップグレードできる。また、ダウンフォースを削減するように設計された空力ルール変更のパッケージもある。さらにメルセデスは2021年のDASの禁止を考慮に入れなければならない。

マックス・フェルスタッペンは、メルセデスとは異なり、レッドブル・ホンダは来シーズンに引き継がれる技術の範囲を考慮して、2020年以内にRB16の開発を続けると述べている。

「僕たちの側としては、来年はあまり変更できないので、このマシンについて学び続けることがより重要だと思う」とマックス・フェルスタッペンは語った。。

「僕たちが今やっていることや今のマシンで学んだことも、来年は僕たちにとってより良いものになるだろう。メルセデスがすることは確かに彼らにとってはうまくいくだろうけど、おそらく僕たちにとってはうまくいかないだろう。だから僕たちはとにかくプッシュし続けていく。そして、もちろん、来年になれば僕たち全員がどこに立っているかを分かるだろう」

マックス・フェルスタッペンは、ニュルブルクリンクでのメルセデスとのパフォーマンス差が小さかったことの重要性を軽視しつつも、マシンのフィーリングが良くなったことを認めた。

「わからないけど、あそこはとても寒かったし、久しぶりのコースだ。ここ(アルガルベ)も来たことのないトラックだ。だから、僕たちがどれくらい競争力があるかをもう一度見直す必要がある」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「でも、バランスに関しては、マシンはもう少しコネクトされているように感じた。もちろん、それは常に素晴らしいフィーリングだ」

マックス・フェルスタッペンのチームメイトであるアレサンダー・アルボンも、開発を推進するというレッドブルの計画を支持している。

「ニュルブルクリンクのアップデートは、マシンが正しい方向に進んでいることをすでに示していた」とアレクサンダー・アルボンは語った。

「そして、マックスが言ったように、ルールは来年に入っても実際には変わらない。だから、僕たちはそれで働き続けるだろう。それは来年もマシンのフィールングを良くするだけだ」

アレクサンダー・アルボンは、彼の個人的なフォームが最近改善されていると信じており、チームはレーススタートの改善に取り組んでいると付け加えた。

「実際、理論上では僕の予選は年間を通して向上していると思う」とアレクサンダー・アルボンは語った。

「チームとしてのレースはそれほど悪くはなかったが、僕たちはスタートを少し上手くこなすことに取り組んでいる。ルノーとフェラーリは本当にうまく発進しているようだ。だから、いつもほんの少しだけキャッチアップしなければならなかった」

「もちろん、ロックしたニュルブルクリンクでのミスは、おそらくレースの戦略全体をストップさせた。でも、言ったように、物事は正しい方向に進んでいる。まずはスタートをもう少し向上させる必要があるだけけど、よりクリーンなレースをする必要もある。僕たちは結果を出せると確信している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1ポルトガルGP