マックス・フェルスタッペン 「ルノーF1と厳しい3位争いになると思う」 / レッドブル・ホンダ F1ロシアGP 金曜フリー走行後のコメント
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1ロシアGPの金曜フリー走行でペースに苦しんだ後、決勝で3位入賞をかけて“厳しい”な戦いになると予想している。

レッドブルは、ソチ・オートドロームで表彰台を獲得したことがなく、その苦闘は初日のプラクティスでも続いた。マックス・フェルスタッペンはFP2でトップから1.5秒差の7番手、チームメイトのアレクサンダー・アルボンは12番手だった。

その一方で、ダニエル・リカルドがメルセデスの2台に続く3番手タイムを記録。ルノーF1は過去数戦の印象的なパフォーマンスを維持している。

マックス・フェルスタッペンは、ロシアでのルノーF1のパフォーマンスを考えれば、レッドブルが3位に入賞するのは難しいと考えている。

「予選では3番手になると考えるのは厳しいと思うけど、レースではもう少し競争力がありそうなので、そこについては満足している」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「僕たちが確実に3位になるためにはやらなければならないことがまだある」

「これまでのところ、ルノーが非常に競争力があるのは確かだ。でも、僕たちはまず自分自身に目をむけて、ダウンフォースレベルとの適切なトレードオフを見極めて、マシンが安定させる必要がある。予選はタイトになると確信しているけど、僕たちは戦いに絡めると思う」

関連:F1ロシアGP フリー走行2回目:ボッタス首位でメルセデスがワンツー。ホンダF1勢はフェルスタッペン7番手が最高位

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1ロシアGP