マックス・フェルスタッペン 「ムジェロの後にホンダF1と良い会話ができた」 / F1ロシアGP 木曜記者会見
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、F1ロシアGPにむけてソチ・オートドロームに気持ちを切り替えて到着した。

マックス・フェルスタッペンは、モンツァとムジェロのイタリア2連戦でホンダF1のパワーユニットに関連するトラブルでリタイアを喫した。フェルスタッペンが序盤9戦でリタイアした3戦はすべてホンダのF1パワーユニット絡みとなる。

「もちろん、9戦で3回のDNFは良いことではないけど、仕方ないことだし、その事実を変えることはできない」とマックス・フェルスタッペンはF1ロシアGPの木曜記者会見で語った。

「ムジェロの後もホンダともいくつかの良い会話ができた。何が悪かったのかを説明してくれたし、ホンダは問題は解決したと言っている。今週末は表彰台を目指して戦うことができることを願っている」

モンツァでの問題はムジェロでの問題とは異なるものだったとマックス・フェルスタッペンは説明する。

「ソフトウェアに関連した問題だった。テストリグでシミュレーションすることができたので、そこから学び、もう修正されたと確信している。それに少なくとも僕のチャンピオンシップの可能性について質問されることはないだろう」とマックス・フェルスタッペンは冗談交じりに語った。

また、ホンダF1に関してマックス・フェルスタッペンは楽観的なままだ。

「お互いに正直になり、明確にし、何が悪かったのかを説明し、話し合うことができなければならない。それができているのは間違いないことだ。僕たちは良い結果が得られるように協力して取り組んでいる」とマックス・フェルスタッペンは語る。

「毎週末、いつも最大限を引き出せるように頑張っている。順位表でのポジションは変わっていないと思う」

だが、今週末のF1ロシアGPについてマックス・フェルスタッペンは慎重なままだ。

「ソチは僕たちにとってトップトラックではなかったし、奇跡は期待していないけど、表彰台を目指すつもりだ。すべての90度コーナーでは実際に違い生み出すことはできないし、ロングストレートでは特に予選で他のチームと拮抗することは分かっている。でも、レースについて心配していない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1ロシアGP