マックス・フェルスタッペン 「メルセデスを倒して優勝を目指す」 / レッドブル・ホンダF1 シュタイアーマルクGP 予選
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、2020年のF1世界選手権 第2戦 F1シュタイアーマルクGPの予選を2番手で優勝。打倒メルセデスF1をレースの目標に掲げた。

決勝Q3の最終ラップでは、マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトン(メルセデス)がポールポジションを巡って競い合った。フェルスタッペンは2番手で最終ラップに突入すると、第1セクターをファステスト・タイム、第2セクターを自己ベストで走るが、前にマシンが走っていた影響もあり、最後から2番目のコーナーでスピンを喫し、ポールポジションには届かなかった。

「難しいコンディションの予選だったけど、2番手という結果には満足している」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「予選Q1とQ2はいい走りができていたけど、Q3では雨量が増し、水たまりも多くなった。オーバーステア気味になり、バランスを取るのが難しかった」

「最終ラップはもっといい走りがしたかった。最終コーナーでスピンしてしまったけど、それがなくてもルイス(メルセデス)には敵わなかったと思う」

「明日の決勝はドライになる見込みですし、優勝を目指して走る。フロントローからのスタートですし、メルセデスに勝ってより多くのポイントを獲得したい」

関連:F1シュタイアーマルクGP 予選 結果:ハミルトンが圧倒的な差でポール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1オーストリアGP