F1シュタイアーマルクGP 予選 結果:ハミルトンが圧倒的な差でポール。レッドブル・ホンダのフェルスタッペンが2番手
2020年のF1世界選手権 第2戦 シュタイアーマルクGPの予選が7月11日(土)にオーストリアのレッドブル・リンクで行われ、ルイス・ハミルトン(メルセデスF1)がポールポジションを獲得した。

開幕戦オーストリアGPとの連戦となる第2戦はレッドブル・リンクの所在地の州の名前を取って『F1シュタイアーマルクGP』という名称が与えられた。シーズン中に同じサーキットでの連戦はF1史上初となる。

天気予報の通り、土曜日のレッドブル・リンクは雨。フリー走行3回目はコンディション不良によってキャンセルとなったが、その後、雨は一時止み、予選前に再び降り始めたが、46分のディレイの後、セッションはスタートした。

全マシンがウェットタイムで走行を実施。ポールポジションを獲得したのはメルセデスF1のルイス・ハミルトン。前日のフリー走行では“絶不調”と語っていたことがまるで嘘のような走りを見せ、2番手に1.216秒差をつける異次元の走りで今季初ポールポジションを獲得。通算89回目。

2番手はレッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペン。Q3の最後のアタックでスピンを喫する痛恨のミス。ただし、ミスがなかったとしてもルイス・ハミルトンを上回るのは難しかったかもしれない。

3番手はマクラーレンF1のカルロス・サインツ。F1での予選ベストリザルトだ。4番手はバルテリ・ボッタス(メルセデスF1)、5番手はエステバン・オコン(ルノー)、6番手はランド・ノリス(マクラーレン)、7番手はアレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)、8番手はピエール・ガスリー(アルファタウリ)、9番手はダニエル・リカルド(ルノー)、10番手はセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)。

6番手のランド・ノリスはフリー走行1回目での黄旗無視によって3グリッド降格が決定している。12番手のジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)は自身初のQ2進出となった。

ドライでは競争力のあったレーシング・ポイント勢は、ランス・ストロールが13番手、セルジオ・ペレスはQ1で敗退して17番手という結果に終わった。

F1シュタイアーマルクGP 決勝レースは、7月12日(日)の22時10分(15時10分)からフォーメーションラップが行われる。

2020年 第2戦 F1シュタイアーマルクGP 予選 結果

順位NoドライバーチームQ1Q2Q3
144ルイス・ハミルトンメルセデス1分18秒1881分17秒8251分19秒273
233マックス・フェルスタッペンレッドブル・ホンダ1分18秒2971分17秒9381分20秒489
355カルロス・サインツマクラーレン1分18秒5901分18秒8361分20秒671
477バルテリ・ボッタスメルセデス1分18秒7911分18秒6571分20秒701
531エステバン・オコンルノー1分19秒6871分18秒7641分20秒922
64ランド・ノリスマクラーレン1分18秒5041分18秒4481分20秒925
723アレクサンダー・アルボンレッドブル・ホンダ1分20秒8821分19秒0141分21秒011
810ピエール・ガスリーアルファタウリ・ホンダ1分20秒2431分18秒7441分21秒028
93ダニエル・リカルドルノー1分19秒6621分19秒2291分21秒192
105セバスチャン・ベッテルフェラーリ1分20秒3821分19秒5451分21秒651
1116シャルル・ルクレールフェラーリ1分20秒7811分19秒628 
1263ジョージ・ラッセルウィリアムズ1分20秒1921分19秒636 
1318ランス・ストロールレーシングポイント1分19秒6971分19秒645 
1426ダニール・クビアトアルファタウリ・ホンダ1分19秒8241分19秒717 
1520ケビン・マグヌッセンハース1分21秒1401分20秒211 
167キミ・ライコネンアルファロメオ1分21秒372  
1711セルジオ・ペレスレーシングポイント1分21秒607  
1888ニコラス・ラティフィウィリアムズ1分21秒759  
1999アントニオ・ジョビナッツィアルファロメオ1分21秒831  
208ロマン・グロージャンハースNo Time  


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1レース結果 / F1オーストリアGP