マックス・フェルスタッペン 「いつでもレースをする準備はできている」 / レッドブル・ホンダF1
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、F1シーズンが再開すれば、いつでも戦う準備はできていると語る。

新型コロナウイルスの世界的な大流行により、F1は第9戦カナダGPまで延期・中止が決定。最短で再開できたとしても、6月14日のF1フランスGPとなるが、開催は不可能と考えられており、そうなれば7月まで約3か月の間隔があくことになる。

それでも、マックス・フェルスタッペンはモナコの自宅でフィットネスを維持し、シミュレーターでレース勘を保っている。

「もちろん、準備は万端だ。自宅のシミュレーターでシミュレーション作業を行っている。もちろん、再開するときにはいつでも準備ができるように、たくさんのトレーニングも行っている」とマックス・フェルスタッペンは語る。

「みんなもその間に健康を維持していてほしいし、すぐに会えることを願っている」

今年、マックス・フェルスタッペンの母国レースとなるF1オランダGPは5月3日に35年ぶりにザントフォールドの開催される予定だったが、他のレースと同じように延期となった。

オランダでのフェルスタッペンのホームグランプリは、1985年5月3日から初めて開催される予定でしたが、コロナウイルスの発生により、ザントフォールトでのレースが延期されました。ヴェルスタッペンのサーキットのホットラップのルックスによって、それは爆発するように設定されています。

「これまでに関係者全員によって行われた仕事に本当に感銘を受けている」とF1オランダGPの延期を受けてマックス・フェルスタッペンは語った。

「ザントフォールトでの挑戦的な新しいトラックをまたすぐ走れることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1