F1 フェルスタッペン 「レッドブル・ホンダRB16は間違いなく改善」 / F1バルセロナテスト 1日目
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、2020年F1マシンであるRB16は“間違いなく改善している”が、1周とレース距離の両方で強いマシンである必要があると語る。

マックス・フェルスタッペンとレッドブル・ホンダは、2020年のF1世界選手権で現チャンピオンのメルセデスとルイス・ハミルトンにタイトル獲得の挑戦を仕掛けることを望んでおり、これまでRB16での強力なスタートを切って、冬のテストプログラムを楽しんでいる。

マックス・フェルスタッペンは、2月26日に行われた2週目のF1バルセロナテスト初日をタイムシートの2番手で終えたが、残り5分でコース上でストップして赤旗を出している。

「今年、マシンは間違いなく改善されているし、チャンピオンシップのために戦おうとするなら、そうでなければならない」とマックス・フェルスタッペンは語る。

「レースと予選の両方で優れていなければならない。昨年でさえ、僕たちにはそれなりのレースカーがあったし、予選が問題ないときもあったでも、僕たちは全体的にステップアップする必要があると思う、そして、僕たちはそれに取り組んでいる」

「マシンのどの部分であってもプッシュしている、今のところは問題ない。でも、それで十分に速くなるかどうかわからないので、それについて何かを言うのは難しい。まだテストだし、開幕戦とは異なるトラックだなので、最終的にはそこは見ていない」

「最も重要なことは、たくさんのことを試してみて、マシンがどのように反応しているかを把握していくことだ。メルボルンに行くときには、オーバーステアまたはアンダーステアの場合、どの方向に進めなければならないかを少し知っている必要がある」

「とにかく僕たちは自分自身に集中するし、僕たちがどの位置にいるかはメルボルンでわかるだろう」

レッドブル・ホンダとして、メルボルンまでに望んでいるマシンにどれだけ近づいているのかと質問されたマックス・フェルスタッペンは「手がかりはない。遠くないことを望んでいるけど、現時点ではまったく異なるトラックなので、言うのは難しい」とコメント。

「ここで機能するものはすべてがメルボルンで機能するという保証はない。多くの周回を走り込んで、マシンでいくつかのことを試してみることことが重要だ。そうすれば、どの方向に進まなければならないかがわかる」

ターン10で2回スピンしたマックス・フェルスタッペンは、午後のセッションの終了間際のストップを軽視した。

「計画されていなかったことであるのは確かだ」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「でも、まだ何が起こったのかはわからない。マシンが戻ってきてから調べることになる」

マックス・フェルスタッペン (レッドブル/プレスリリース)
「今日は新しいピレリタイヤのコンパウンドを試してみましたが、それ以外にも多くのことを試し、さまざまな状況下におけるマシンの状態を確認できました。開幕戦でどれだけ戦うことができるのか、事前にある程度わかるところまで来られたと思います。ただテストでは、ラップタイムよりも、とにかくさまざまな新しいことを試したので、相対的な競争力については開幕戦まで予想が難しいかもしれません。セッション終了直前で止まってしまいましたが、それほど気にしてはいませんし、全体的にポジティブな一日でした。学んだことは多いですが、他のマシンも同じでしょう。レースが楽しみです」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1