F1 マックス・フェルスタッペン
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、22歳の若さでほぼ100レースを経験している。現在、フェルスタッペンは98戦に出場しているが、100回目のF1レースを経験したら引退すると冗談で語った。

「100戦目に到達したらどうするか? 引退するよ!(笑)」とマックス・フェルスタッペンは Yahoo Sport に冗談交じりに語る。

「子供の頃からF1では100戦は多いとずっと思っていた。もちろん、僕のキャリアはとても速くにスタートしたし、僕たちはまだもっと多くを達成したいと思っている。300戦かもしれないし、400戦かもしれない。誰にもわからないよね」

現役ドライバーでは、キミ・ライコネンが311戦目に到達しており、ルーベンス・バリチェロの326戦に迫っている。だが、将来、マックス・フェルスタッペンはその記録を破るかもしれない。

「今、ただ楽しんでいるだけだ。全体的、僕たちのいる場所はまだ世界の終わりではない。私たちはまだトップ6にいるし、何マイルも離されているわかではない。僕はそのレベルだけど、本当に何かをするのに十分ではない」

「ステージをつかむ機会がそこにあるので、それを楽しんでいないというわけではない。ネガティブになるのではなく、チームを改善に向けることが重要だ。改善につながるものを見つけるだね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1