マックス・フェルスタッペン、0.281秒秒差の3番手「うまく挽回できた」 / レッドブル・ホンダ F1日本GP 金曜フリー走行
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが、10月11日(金)に鈴鹿サーキットで行われたF1日本GPの金曜フリー走行を振り返った。

フリー走行1回目ではトップから1.315秒差の5番手タイムと厳しいスタートを切ったマックス・フェルスタッペンだが、フリー走行2回目では0.281秒差の3番手タイムをマーク。フェラーリの2台を上回るパフォーマンスをみせた。

セッション終了後、「1回目のプラクティスセッションは良くなかったが、FP2で実際にいくつかのステップを果たすことができた」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「見栄えは良いけど、メルセデスは非常に速いので、まだやるべきことがある。でも、僕たちはうまく挽回したと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1日本GP