F1 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、雨で大混乱に陥ったF1ドイツGPで勝利を手にできたのは、チームとのコミュニケーションが良く、状況の変化に対して適切なタイヤ判断ができたためだと語る。

マックス・フェルスタッペンは、今季初のウエットレースとなり、4回のセーフティカーが入った大波乱のレースでウエットとドライタイヤを定期的に交換する5回のピットストップ戦略で勝利。レッドブルとホンダF1に今季2勝目をもたらした。

マックス・フェルスタッペンの勝利は、インターミディエイトからミディアムに交換して最終セクターでスッピンした際に離れていったかに見えたが、直後のインターミディエイトタイヤへの交換でメルセデスの2台の前に出ることに成功。他のライバルの多くがクラッシュするなか、その後のレース後半を支配し、自身7勝目を手に入れた。

「とてもトリッキーだった。僕たちはかなり集中していなければならなかったし、ミスをする余裕はなかった。レースを終えた今だからこそ、観客のための360度スピンをしたと言えるけど、トリッキーだったし、ミディアムタイヤはとてもグリップが低かった」

「今日は僕とチームの間のコミュニケーションがとても重要だったし、僕たちは正しい判断がでいたと思っている。それが僕たちに勝利をもたした」

「メルセデス勢の前に出てからは本当にペースがあった。最初の数周はバルテリ(ボッタス)の後ろで汚れた空気のなかで身動きが取れなかったからね」

「前に出た後は、基本的にタイヤをもう少しセーブすることができたし、基本的にもう少しコントロールしやすくなった」

ウエットコンディションで定評のあるマックス・フェルスタッペンは「子供の頃からウエットでたくさん練習してきたし、父と一緒に何時間も取り組んできた。彼もウエットではかなりまともだったと思う」とコメント。

「彼は僕に正しいコツを教えてくれたし、ただウエットで運転するだけでなく、運転中に決断をして、周りで何が起こっているかに注意を払うことも教えてくれた」

「もちろん、人生、そして、F1での経験もある。90回を超えるレースをすれば、すでに多くの経験を積んでいるし、それを土台として、より優れた決断ができるようになると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1ドイツGP