F1 マックス・フェルスタッペン ホンダF1
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1カナダGPでのチャンスについて現実的に考えている。

「僕たちはフェラーリに優れたトップスピードがあることはわかっているし、このトラックは彼らにより適しているだろう」とマックス・フェルスタッペンは自身の公式サイトでコメント。

「モナコと比較して、このサーキットは僕たちには向いていない。でも、様子を見てみよう。心配はしていない。僕たちはコントロールできる要因にしか影響を与えることができない。僕は自分自身から最大限を発揮して、クルマにとって良いセットアップを見つけるために頑張っていく」

「チーム内での感触はいい。リラックスできてことも役に立っている。過去数年間、僕たちは一緒に多くの時間を過ごしてきたので、お互いのことをより知っている。コミニュケーションはいいし、僕はここに満足している。だから、自信を持っている」

マックス・フェルスタッペンは、レッドブル・ホンダが勝利を挙げたいのであれば、まだ改善が必要だと語る。

「メルセデスが素晴らしい仕事をしているので、ギャップを埋めるのは簡単ではない」とマックス・フェルスタッペンは語る。

「僕たちは彼らに挑戦するためにクルマとパワーユニットの両方のすべてのエリアで改善しなければならない」

レッドブルの新しいエンジンパートナーであるホンダは、パワーユニットからより多くのパワーを引き出すために懸命に取り組んでいる。

「フェラーリが最高のエンジンを搭載しているのは明らかだ。もちろん、常に最もパワーのあるエンジンを望ものだけど、それが決定的な要素である必要はない」

「ホンダは大きなステップを果たしているし、それが僕たちの競争相手よりも大きいことを期待している。

マックス・フェルスタッペンは、自分はアグレッシブなドライビングスタイルだと思われているが、タイヤを労わることも得意だと語る。

「少し攻撃的に見えるかもしれないけど、僕のドライビングスタイルはとてもスムーズだ。僕はそう感じている。僕はキャリアはすべてスムーズなドライバーだったと思う」

今年のF1チームにとっての主な課題は、タイヤを適切な作動ウィンドウに入れることができるかになっている。タイヤに熱を入れすぎても冷やし過ぎても今年のピレリのF1タイヤは大幅にグリップが低下する。

「正しく機能させるのは決して簡単ではないし、モナコでもそうではなかった。できる限り理解しようとしているけど、他のものよりもうまく機能する週末もある。でも、どのチームやドライバーもそれが簡単だとは思っていない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1