F1 マックス・フェルスタッペン ホンダF1
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、今シーズンはスタートにまだ満足できていないとし、ホンダが決勝スタート時のF1エンジンパフォーマンスを改善してくれることを願っていると述べた。

F1中国GPで、マックス・フェルスタッペンは、フェラーリのセバスチャン・ベッテルと3位を賭けてホイール・トゥ・ホイールのバトルを展開し、シャルル・ルクレールをアンダーカットして4位でレースを終えた。

マックス・フェルスタッペンは、多くのポイントを獲得できたことには満足しているが、まだレッドブル RB15のパフォーマンスには不満を感じている。

「ポイント的にはまた良いリザルトを残すことができたけど、レース中はそれほど多くのアクションはなかった」とマックス・フェルスタッペンは Ziggo Sport にコメント。

「イライラすると言うのは少し極端だけど、現時点ではレースペースが足りないし、できるだけ多くのポイントを獲得していく必要がある」

「今シーズンはまだ長いし、ある時点でアップグレードが導入されたときには戦いに絡めることを願っている」

昨年、マックス・フェルスタッペンはスタートでポジションを稼いでいたが、今年はこれまでその水準に達しておらず、そこがホンダが改善する必要のあるエリアだと考えている。

「これまでところ、あまりまともなスタートができていない」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「ホンダのエンジンでまだ良いスタートを見つけ出そうとしているところだ。そこは改善できる部分だ」

次戦アゼルバイジャンGPの展望について質問されたマックス・フェルスタッペンは、何を期待するべきかはわからないと認める。

「バクーではマシンとエンジンに新しいパーツが入ると思う。もっと大きなステップはもう少し後になってからだ」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「現時点では言うのは難しい。今のところシーズンを正確に判断することは本当に難しいと思う」

「今週はメルセデスは速かったし、先週はフェラーリだった。僕たちにとってそこはちょっと疑問符だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マックス・フェルスタッペン | ホンダF1