ジャン・エリック・ベルニュ
ジャン・エリック・ベルニュは、バックマーカーのケータハムでレースドライバーを務めるよりもフェラーリのテストドライバーの方がマシだと主張した。

ジャン・エリック・ベルニュは、過去3シーズンにわたってレッドブルの姉妹チームであるトロ・ロッソのレギュラードライバーを務めたが、2015年に先だってF1シートを喪失した。

フェラーリは、2015年の正リザーブドライバーとしてエステバン・グティエレスを起用し、シミュレータードライバーにジャン・エリック・ベルニュを起用した。

ジャン・エリック・ベルニュは「もちろん、パドックに携わり続けていくには良い道だと思っている」と L'Equipe にコメント。

「とにかく、フェラーリが再び勝てるように手助けすることが僕のモチベーションだ。一番の名門チームのために働くというね。シミュレーターで彼らの役に立てるようにベストを尽くすつもりだ」

「最高だよ。ケータハムのようなチームでレースに出るよりも、フェラーリのベンチを温めている方がいいと思っている。僕はまだ若いし、F1で過ごす年数もまだたくさんあるだろう。フォーミュラEは楽しいけど、今はフェラーリが最優先だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジャン・エリック・ベルニュ / フェラーリ