ギド・ヴァン・デル・ガルデ
ギド・ヴァン・デル・ガルデが、残り少なくなった2014年のF1シートの強力な候補として報じられている。

2013年の終盤戦、キド・ヴァン・デル・ガルデの支援の方が、チームメイトのシャルル・ピックよりも強いことがパドックで示唆されていた。

実際、ギド・ヴァン・デル・ガルデの後援者マルセル・ブックホールンが、ギド・ヴァン・デル・ガルデのF1での力強い将来を確信していると思わせる発言をしている。

「交渉は進行中だが、うまくいくだろう」とマルセル・ブックホールンは Quote に主張。

「保証しよう。ギドは、来年グリッドにいる。100パーセント確実だ」

そのような報道の裏で、テルメックスから支援を受けるエステバン・グティエレスが、ケータハムのファクトリーを訪問したと報じられている。

これらのニュースは、スポンサー不足だが、2014年にフルタイムでのF1復帰を望んでいるヘイキ・コバライネンにとっては悪いニュースとなる。

だが、ギド・ヴァン・デル・ガルデは、最終的にケータハムに残留しないかもしれない。

まだニコ・ヒュルケンベルグのチームメイトを発表していないフォース・インディアでは、オランダのビジネスマンであるミッショル・モルが主要株主を務めている。

ミッシェル・モルは、同国人のギド・ヴァン・デル・ガルデに勝算があると語っている。

「ギドが我々のところで走るためにやってくるチャンスはある」

「それは非常に魅力的だと思うっている。だが、私はフォース・インディアの株を所有しているが、発言権はない。それはマネジメントが決めることだ」

「私にできることは、ギドに関する私の熱意を伝えることだけだ。しばしば、そうしているがね」

関連:2014年 F1ドライバー・ラインナップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ギド・ヴァン・デル・ガルデ | フォース・インディア | ケータハム