ギド・ヴァン・デル・ガルデ
ギド・ヴァン・デル・ガルデは、先週末のF1日本GPでのクラッシュで20G以上の衝撃を受けていたことを明かにした。

ギド・ヴァン・デル・ガルデは、スタート直後にジュール・ビアンキとターン1で接触し、フロントウィングを失った真っすぐタイヤバリアに突っ込んだ。

「大きなクラッシュだった」とギド・ヴァン・デル・ガルデはコメント。

「20G以上の衝撃だった。今でも体のあちこちが痛い。でも、明日には良くなると思う」

この事故はレース後に審議されたが、スチュワードは両者に非がないとしてペナルティを科さなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ケータハム