ギド・ヴァン・デル・ガルデ
ギド・ヴァン・デル・ガルデは、2014年もF1キャリアの継続を目指している。

ケータハムで厳しいF1デビューシーズンを過ごしているギド・ヴァン・デル・ガルデは、1年でF1を去ることになるとの見方がある。

だが、De Telegraaf は、ギド・ヴァン・デル・ガルデのマネジャーを務めるヤン・ポール・テン・フーペンとイェローン・スコートルストが2014年の他の選択肢を熱心に探していると報道。

同紙はギド・ヴァン・デル・ガルデの候補地としてザウバー、ウィリアムズ、フォース・インディアの名を挙げており、来週末のモンツァにヤン・ポール・テン・フーペンが話し合いのために訪れる予定としている。

ルーキーとして厳しい戦いを続けているギド・ヴァン・デル・ガルデだが、オランダのファッションブランドである「マクレガー(McGregor)」が強力な支援を続けている。

だが、、ギド・ヴァン・デル・ガルデは2014年については沈黙を守っている。

「今から来年のことを考えたでも意味はない。まだ8レース残っている」

一方、もう一人のオランダ人ドライバーであるロビン・フラインスのチャンスはそれほど輝かしいものではないようだ。

ザウバーは、2013年にリザーブドライバーを務めたフラインスのオプションを履行しないことを決めたという。

有力なスポンサーを持たないロビン・フラインスは「わからない。何も聞いていないし、何も知らない」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ケータハム