ギド・ヴァン・デル・ガルデ (ケータハム)
ギド・ヴァン・デル・ガルデが、F1ドイツGPへの意気込みを語った。

ギド・ヴァン・デル・ガルデ (ケータハム)
「ドイツは素晴らしいレースになるだろう。トラックはひ悪的に僕の地元に近いので、多くのオランダ人が応援に来てくれるのもあるし、いつもうまくやってきたトラックだからね。あそこでは、キャリアを通して、全てのカテゴリーで勝ってきた」

「今年どうなるかはわからないけど、ルーキとして、ほんとに良く知っているトラックで走れるということは、1周目から行けるということだし、全ての時間を最大限に生かすことの助けになる。天候がドライのままである限りはね。そうなりそうだけどね! F1カーでニュルブルクリンクを走るのは初めてになるけど、2011年にGP2カーでレースをしているので、どのように予想すればいいかはかなりわかっている。スパと同じように天候は非常に素早く変ることがあるので、天気予報にかなり注意を払っていなければならない。トラックはF1週末以外でもたくさん使用されてはいるけど、それでもグリップレベルは週末にわかってかなり改善するので、金曜日にする予定のロングラン作業がレースにむけて非常に重要になる。トラックは、ターン5は別として、大部分が低〜中速コーナーから成り立っている。高速コーナーはあまり多くはないけど、それで走るにはとても楽しいトラックだ。良いリズムを作ることができるし、それが良いラップのための鍵のひとつだ」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ギド・ヴァン・デル・ガルデ / ケータハム / F1ドイツGP