ヤルノ・トゥルーリ、フォーミュラEチーム“トゥルーリGP”を設立

2014年6月18日
ヤルノ・トゥルーリ
ヤルノ・トゥルーリは、フォーミュラEに参戦する“トゥルーリGP”を設立し、自らもドライバーとしてレースに参戦する。

フォーミュラEは、トゥルーリGP(TrulliGP)が、撤退することになったドレイソン・レーソングのスロットを引き継ぎ、ヤルノ・トゥルーリ自身がチームでレースに参戦することを発表した。

ヤルノ・トゥルーリ、フォーミュラEカーは「ドライバーにとってパーフェクト」

2014年3月29日
ヤルノ・トゥルーリ
ヤルノ・トゥルーリが、フォーミュラEカーをテスト。電気自動車のレースカーのフィーリングを語った。

このクルマは走らせるチャンスがありましたが、第一印象はいかがでしたか? 特に加速とパワー、そしてコックピット内のサウンドはどうでしたか?
コックピット内のフィーリングは、ノーマルなレーシングカーをドライビングしているようだったし、サウンドは異なるけど、それでも電気エンジンとギアボックスのサウンドは聞こえるし、フィーリングという点ではレーシングドライバーにとってパーフェクトだ。

【動画】 ヤルノ・トゥルーリ、フォーミュラEマシンをテスト

2014年3月26日
ヤルノ・トゥルーリ
ヤルノ・トゥルーリが、フォーミュラEマシン“Spark-Renault SRT_01E”をテストした。

256戦というF1キャリアを誇るヤルノ・トゥルーリだが、2012年シーズン直前にケータハムのF1シートを失って以来、レースをしていない。

だが、先日、ヤルノ・トゥルーリが、フォーミュラEへの参戦意志をもつ“フォーミュラEドライバーズクラブ”に登録したことが明らかになっている。

ヤルノ・トゥルーリとニック・ハイドフェルド、フォーミュラEに参戦意志

2014年3月19日
ヤルノ・トゥルーリ
ヤルノ・トゥルーリとニック・ハイドフェルドが、フォーミュラEへの参戦意志をもつ“フォーミュラEドライバーズクラブ”に登録した。

19日(水)、フォーミュラEは、ヤルノ・トゥルーリ、ニック・ハイドフェルド、ジェローム・ダンブロシオ、サム・バードがリストに新たに追加されたことを発表。

ヤルノ・トゥルーリは、2012年シーズン直前にケータハムのF1シートを失って以来、レースをしていない。

ヤルノ・トゥルーリ、ケータハムのトニー・フェルナンデスを告訴

2013年6月1日
ヤルノ・トゥルーリ
ヤルノ・トゥルーリは、ケータハムのチームオーナーであるトニー・フェルナンデスを告訴する計画を発表した。

2011年末、ヤルノ・トゥルーリは、2012年の契約を有していたが、ロシアの資金を持ち込んだヴィタリー・ペトロフのためにシートを明け渡すことに同意。

ヤルノ・トゥルーリは、トニー・フェルナンデスが2012年の年俸をすべて支払うことを約束したが、支払いはないと述べた。

ヤルノ・トゥルーリ 「F1キャリアに後悔はない」

2013年5月26日
ヤルノ・トゥルーリ
ヤルノ・トゥルーリは、自分のF1キャリアに後悔はないと主張する。

256戦というF1キャリアの終わりから2年が経ち、ヤルノ・トゥルーリは日曜日のF1モナコGPを訪れる予定となっている。

自分がグリッドにいないことを悲しく思うかと質問されたヤルノ・トゥルーリは「まったくないね」と La Stampa にコメント。

ヤルノ・トゥルーリ、F1の財政状況に苦言

2013年2月11日
ヤルノ・トゥルーリ
ヤルノ・トゥルーリは、現在のF1の状況を“高級レンタカー”だと嘆いた。

ヤルノ・トゥルーリは、2012年の1回目のテスト後にヴィタリー・ペトロフにシートを明け渡し、F1を離れた。

ヤルノ・トゥルーリは、2012年は過去2年間から改善していないと実感したといい、ケータハムの決定に個人的な感情はないと述べた。

ヤルノ・トゥルーリ、2013年のF1解説者のオファーを断る

2012年10月18日
ヤルノ・トゥルーリ
ヤルノ・トゥルーリは、2013年のF1解説者のオファーを断ったと Speed Week が報じている。

ヤルノ・トゥルーリは、今シーズン開幕前にケータハムのF1シートを失った。

同紙によると Sky が、ヤルノ・トゥルーリに対して2013年の20戦の解説者の仕事をオファーしたが、ヤルノ・トゥルーリは2013年にレースに復帰することを望んでいるため、オファーを断ったと報道。

ケータハム 「ヤルノ・トゥルーリの解雇は正しい決断だった」

2012年3月30日
ヤルノ・トゥルーリ
ケータハムのチーム代表トニー・フェルナンデスは、ヤルノ・トゥルーリとヴィタリー・ペトロフに代えたのは「新しい才能を取り入れたかった」からだと述べた。

ヤルノ・トゥルーリとヘイキ・コバライネンのドライバーラインナップは、ロータス・レーシングとチーム・ロータスを名乗っていた最初の2年間、チームがコンストラクターズ10位でフィニッシュすることを助けた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム