WRC トヨタ ラリー・アルゼンティーナ
2019年 FIA世界ラリー選手権(WRC) 第5戦 ラリー・アルゼンティーナの競技3日目デイ3が4月27日(土)にアルゼンチンのビージャ・カルロス・パスを中心に行なわれ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのクリス・ミーク/セブ・マーシャル組(ヤリスWRC 5号車)が総合3位に、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(10号車)が総合6位に、それぞれ順位を上げた。なお、総合2位につけ首位争いをしていたオット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組(ヤリスWRC 8号車)は、トラブルによるデイリタイアで総合9位に順位を下げた。

ラリー・アルゼンティーナのデイ3は、ビージャ・カルロス・パスの西北に広がるプニラ渓谷で、3本のステージを午前と午後で各2回走行。その間にダートサーキットでスーパーSSを1本走行する、7ステージ計146.52kmで競われた。デイ2で総合3位につけたタナックは、午前中の最初のステージで総合2位にポジションアップ。その後、連続で2本のベストタイムを刻み首位との差を6.4秒に縮めた。タナックの連続ベストタイムにより、ヤリスWRCは2017年のWRCデビュー以来、通算200回目となるベストタイムを記録。現行規定のWRカーの中で、最初に200回という記録に到達したクルマになった。

首位に大きく迫ったタナックだが、午後のステージの2本目であるSS14をスタートする時点で、バッテリーの電圧が低下。その状態でステージをスタートしたが、途中で電圧を失いストップ。デイリタイアとなった。チームはサービスパークで問題箇所を修理し、ラリー2規定に基づき明日の最終日に再出走する予定としている。

総合4位でデイ3をスタートしたミークは、午前中のループステージの最後でトラブルに遭遇したが、それでも総合3位にポジションアップ。2位と17.5秒差、4位と2.8秒差で明日の最終日を迎える。また、デイ2終了時点で総合8位だったラトバラは、昨年リタイアにより走行できなかったステージで健闘。SS14ではセカンドベストタイムを記録し、総合5位と16.3秒差の総合6位でデイ3を締めくくった。

トミ・マキネン(チーム代表)
午後のステージでクルマが止まるまで、オィットはここアルゼンチンでまたしても素晴らしい速さを見せてくれました。現在トラブルの原因を調査中ですが、ステージのスタートを前にバッテリーの電圧が下がってしまったことは分かっています。ですので、オルタネータかバッテリーに問題が起こったのではないかと疑っています。オィットが順位を下げた今、我々はクリスの表彰台フィニッシュに期待をしています。午前中の終わりに少しタイムを失ったこと以外は、彼にとって良い1日だったと思います。明日はきっと、上りの難しい山岳ステージで接戦が繰り広げられるでしょう。

オット・タナック (ヤリスWRC 8号車)
朝は良いスタートを切ることができました。今日の路面は昨日と大きく異なり、とてもスムーズで所々かなり高速でした。ただし、まだ滑りやすい所もあり、グリップは安定しませんでした。午後のステージでは思いきり攻めて走ろうと楽しみにしていたのですが、最初のステージで既にバッテリーの電圧低下に気づき、2本目のステージでリタイアを余儀なくされました。もちろん、とても残念です。パフォーマンスに関しては、今やどんなラリーでも勝てるレベルにあると思いますが、やらなければならないことも残っています。明日は自分たちができることをやります。そして、まだシーズンは先が長いので、これからも攻め続けます。

ヤリ-マティ・ラトバラ (ヤリスWRC 10号車)
今朝は満足のいく走りができました。過去2年私はあのエリアのステージを走っておらず、一部は完全に新しいステージでしたが、楽しんで走ることができました。2回目の走行ではさらに改善できると分かっていたので、自信を持って午後の再走ステージに臨みました。最初の2本は上手くいきましたが、3本目でウォータースプラッシュを通過した際、エンジン内部に水が入ってしまいました。しかし、何とか再スタートを切ることができました。その後ミスをしたこともあり、最終的には5、6秒を失い、それが5位争いに響きました。とはいえ明日もまだ戦い続けますし、自分達がどれだけできるのか、様子を見たいと思います。

クリス・ミーク (ヤリスWRC 5号車)
午前中は運転を楽しみました。良いリズムで走れ、スピードも十分にありました。そして、表彰台争いをしていたセバスチャン・オジエ選手とのタイム差を縮めることができました。しかし、SS11でウォータースプラッシュを通過した後ブレーキに問題が発生し、コーナーで大きく滑ってリヤが当たりタイヤを2本パンクさせてしまいました。そのため、直後のスーパーSSでは1本のタイヤの空気が抜けた状態で走らなければなりませんでした。午後は路面がかなり乾き、あのような路面に対するセットアップが完璧ではありませんでした。オジエ選手とのタイム差は広がりましたが、バトルはまだ続いていますし、明日は激しい戦いの1日となるでしょう。

ラリー・アルゼンティーナ デイ3の結果
1 ティエリー・ヌービル/ニコラス・ジルソー (ヒュンダイ i20クーペ WRC) 2h37m23.6s
2 アンドレアス・ミケルセン/アンダース・ジーガー (ヒュンダイ i20クーペ WRC) +45.7s
3 クリス・ミーク/セブ・マーシャル (トヨタ ヤリス WRC) +1m03.2s
4 セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア(シトロエン C3 WRC) +1m06.0s
5 ダニ・ソルド/カルロス・デル・バリオ (ヒュンダイ i20クーペ WRC) +1m012.0s
6 ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ (トヨタ ヤリス WRC) +1m28.3s
7 テーム・スニネン/マルコ・サルミネン (フォード フィエスタ WRC) +3m48.4s
8 マッズ・オストベルグ/トシュテン・エリクソン (シトロエン C3 R5) +12m04.5s
9 オィット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ (トヨタ ヤリス WRC) +14m04.3
10 ペドロ・へラー/マルク・マルティ (フォード フィエスタ R5) +16m18.2s

明日のステージ情報
競技4日目最終日となる4月28日(日)のデイ4は、サービスパークの西南に広がるトラスラシエラ山脈で3本のSSが行われる。そのうち、SS16の再走ステージとなる最終のSS18「コピナ-エル・コンドル」は、トップ5タイムを記録した選手に対し、ボーナスの選手権ポイントが与えられる「パワーステージ」に指定されている。3本のSSの合計距離は53.16km、リエゾン(移動区間)も含めた1日の総走行距離は287.07kmとなる。

注目のステージ:SS16/18コピナーエル・コンドル全長16.43km
マルティン・ヤルヴェオヤ(ヤリスWRC 8号車 コ・ドライバー)
エル・コンドルは、ラリー・アルゼンティーナの伝説的なステージです。昨年と同じように、今年も山を上る方向で走るため、非常に低速でテクニカルなステージとなりますが、山の頂上で待つ非常に多くの観客の前でフィニッシュを迎えるため、本当に素晴らしい雰囲気です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: トヨタ | WRC (世界ラリー選手権)