フェルナンド・アロンソ
FIA世界耐久選手権(WEC)2018-2019年スーパーシーズンの第6戦セブリング1000マイルレースの予選が現地時間3月14日(木)深夜に行われ、TOYOTA GAZOO RacingのTS050 HYBRIDが1・2番手タイムで最前列グリッドを独占した。

TOYOTA GAZOO Racingは今大会も予選でトップ2を独占する速さを見せた。現在ポイントリーダーの中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ、フェルナンド・アロンソの3名が駆るTS050 HYBRID 8号車は2人の平均タイム1分40秒318でポールポジションを獲得した。

小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペスのTS050 HYBRID 7号車は2人の平均タイムで8号車に0秒485差の2番手で、TOYOTA GAZOO Racingは決勝レースを最前列から2台が並んでスタートすることとなった。

最初のアタックを担当したフェルナンド・アロンソは、1分40秒124というタイムを叩き出し、セブリング・インターナショナル・レースウェイにおける予選での公式コースレコードを更新。アウディが2013年に記録したこれまでの記録を3秒762上回って見せた。明日15日(金)に行われる決勝レースでは、1950年代からトップクラスの耐久レースが行われてきたセブリングの現行レイアウトにおける、レース中のラップレコード更新にも期待がかかる。

予選は現地時間の午後10時過ぎに開始された。壁が迫り、縁石も難しく、コース上の混雑も激しいことで有名な1周6.019kmのコースで、ドライバーにとってはコース上の空間を見出すだけでなく、暗いという更なるチャレンジが加わる中でのアタックとなった。

3回の公式練習中2回にわたってトップタイムをマークした7号車だったが、予選では2番手に甘んじることとなった。最初に担当したコンウェイはアタックラップで充分なタイムをマークすることが出来なかった。代わって7号車に乗り込んだロペスは、1周目はコース上の混雑に阻まれ、2周目のアタックではミスによりコースオフしたため、時間ぎりぎりとなった最後のアタックを慎重に決め2位を確保した。

8号車は大きな問題無くセッションをこなし、最初のアタックで最速タイムをマークしたアロンソは、セブリングの公式記録にその名を残すこととなった。続いてステアリングを握った中嶋一貴も、コース内での空間を上手く見出し、2人の平均タイムで8号車はポールポジションを獲得した。

TOYOTA GAZOO Racingは最前列グリッドから1000マイル(約1600km)の長いレースに臨み、今季5度目となる1-2フィニッシュを達成して、現在29点差をつけている選手権でのリード拡大を目指す。

TS050 HYBRID 7号車 (小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペス):
公式練習3回目 : 1番手 (1分41秒448) - 27周
公式予選 : 2番手 (平均1分40秒803)

TS050 HYBRID 8号車 (中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ、フェルナンド・アロンソ):
公式練習3回目 : 2番手 (1分42秒101) - 29周
公式予選 : 1番手 (平均1分40秒318)

マイク・コンウェイ(7号車):
私にとっては難しい夜となってしまいました。アタックした2ラップ共にハードにプッシュしましたが、最終的にどちらもあまり良いタイムではありませんでした。しかし、明日の決勝レースは長いですし、2番手というのは決して悪いスタート位置ではありません。自分たちのレースを、正しい戦略で戦う必要があります。明日は良い結果で終えられることを願っています。

ホセ・マリア・ロペス(7号車):
チームがライバルと充分な差を持って予選1-2を獲得出来たことは喜ばしいです。我々のTS050 HYBRIDはとても頼もしく感じられます。我々はこの週末、ここまで良いペースでの走りを見せてきましたが、予選のたった1ラップだけがそうはいきませんでした。私はかなり良いタイムを出す必要があることを分かっており、アタックしました。最初のアタックラップではほかの車両にブロックされる形となり、2周目は攻めすぎてワイドに行き過ぎてしまいました。最終的にポールポジションには届きませんでしたが、決勝レースは楽しみです。

中嶋一貴(8号車):
フェルナンドの素晴らしいアタックラップのおかげで、私は良いタイムを出すことだけを考えれば良く、プレッシャーが軽減されました。夜間走行はいつでも非常に難しいものですが、結果には満足しています。ポールポジションからスタートできるのは嬉しいですが、決勝レースは長い戦いであり、トラブル無く最後まで走り切るということ自体が常にチャレンジだということは分かっています。

フェルナンド・アロンソ(8号車):
セブリングでの新たな予選コースレコードをマーク出来、とても嬉しいです。軽めの燃料と新品タイヤでのアタックラップは良い感触でしたし、とても楽しめました。このコースを夜走るのは、コース上の目標が見にくくなるため非常に困難な挑戦ですが、良いアタックが出来ました。1分39秒台も可能だと思っていましたが、僅かコンマ数秒及びませんでした。

WEC 第6戦 セブリング1000マイル 公式練習3回目結果(LMP1クラス)
順位No.ドライバー名チーム/車種平均タイム
18中嶋一貴
セバスチャン・ブエミ
フェルナンド・アロンソ
TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ TS050 HYBRID
1:40.318
27小林可夢偉
マイク・コンウェイ
ホセ・マリア・ロペス
TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ TS050 HYBRID
1:40.803
33ナタナエル・ベルトン
トーマス・ローレン
グスタボ・メネゼス
レベリオン・レーシング/
レベリオンR13・ギブソン
1:42.863
417ステファン・サラザン
イゴール・オルトツェフ
セルゲイ・シロトキン
SMPレーシング/
BRエンジニアリングBR1・AER
1:42.942
511ミカエル・アレシン
ヴィタリー・ペトロフ
ブレンドン・ハートレー
SMPレーシング/
BRエンジニアリングBR1・AER
1:43.005
61ニール・ジャニ
マティアス・ベシェ
ブルーノ・セナ
レベリオン・レーシング/
レベリオンR13・ギブソン
1:43.015
710ヘンリク・ヘドマン
ベン・ハンリー
レンジャー・ヴァン・デル・ザンデ
ドラゴンスピード/
BRエンジニアリングBR1・ギブソン
1:44.288


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: トヨタ | WEC (FIA世界耐久選手権)