トロ・ロッソ STR7
Toro Rosso STR7
トロ・ロッソの2012年F1マシン「STR7」は、元々はレッドブル RB5の血統を引くマシン。だが、昨年からダブルフロアコンセプトを導入するなど、独自の方向性をみせている。フェラーリ製エンジンを搭載。

トロ・ロッソ STR7 主要諸元表

エンジンフェラーリ・タイプ056 + KERS
シャシーコンポジット・モノコック構造
ボディワーク素材カーボンファイバー・コンポジット
フロントサスペンション上下カーボンウィッシュボーン、トーションバースプリング、アンチ・ロール・バー、ザックス製ダンパー
リアサスペンション上下カーボンウィッシュボーン、トーションバースプリング、アンチ・ロール・バー、ザックス製ダンパー
ステアリングスクーデリア・トロロッソ
ギアボックス7速ギヤボックス
クラッチザックス製トリプル・プレート プルタイプ
ブレーキブレンボ製キャリパー、ディスク及びパッド
冷却システムスクーデリア・トロロッソ
コックピットスクーデリア・トロロッソ
シートベルトOMP製
ドライバーシートドライバー体型成型カーボンファイバー製
エキゾーストシステムスクーデリア・トロロッソ/FEV
ホイールAdvantiレーシング
燃料ALT
車両重量640kg (ドライバー、カメラ含む)

Toro Rosso STR7 トロ・ロッソ STR7 フロント画像 トロ・ロッソ STR7 サイド画像

関連:トロ・ロッソ、STR7を発表 - 2012年2月7日

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: トロロッソ | F1マシン