F1 トロロッソ・ホンダ
トロロッソ・ホンダの2019年F1マシン『STR14』には、昨年のレッドブルのF1マシン『RB14』のパーツが多数流用されている。

ハースF1チームとアルファロメオ・レーシング(旧ザウバー)がフェラーリから多くの未掲載パーツを購入しているように、現在のF1レギュレーションではレッドブル・レーシングとスクーデリア・トロ・ロッソがより密接なコラボレーションをすることが可能になっている。

今季からシニアチームのレッドブル・レーシングがホンダのF1パワーユニットを搭載することで、ギアボックスを含め、レッドブル・テクノロジーを介したパーツ開発はより連動性が出ていく。

例えば、ホンダの2019年型F1パワーユニット『RA619H』が収められるトロロッソ・ホンダ STR14のリアエンド全体がレッドブル・レーシングと同一になる。

だが、レッドブル・レーシングは、シーズン開幕のぎりぎりまでコンポーネントの設計を推し進めることで有名であるため、姉妹チームのトロロッソの2019年F1マシンはレッドブルの2018年F1マシンのパーツをベースに開発が進められた。

ヘルムート・マルコは、プレシーズンの準備を妥協することなく、レッドブルが4台のための十分なパーツを製造することは論理的に不可能だと説明している。

トロロッソのチーム代表ヘルメート・マルコは、トロロッソ・ホンダ STR14について「レギュレーションの範囲内で使用されるパワーユニットに関連する部品はアストンマーティン・レッドブル・レーシングと同じ仕様になる。レッドブル・テクノロジーから受け取る残りの部品の大部分は昨年の仕様になる」と認める。

「より小規模なチームであるスクーデリア・トロ・ロッソは、特に製図のリリースが何らかの理由で遅れる、もしくはぎりぎりで納品される可能性があることを考えると、より大規模なチームが許容できる迅速な開発および製造プロセスに従うことができない」

「マティシッツは、レッドブルのドライバープールから若いドライバーを教育し、2つのチームに専門知識とパーツを提供するために1つのテクノロジセンターを使用するという考えでチームを買収することを決定した。そして実際にそれは我々がチャンピオンシップの他の競争相手がレギュレーション変更に賛成票を投じてプロジェクトを終わらせた2010年まで続いた哲学だ」

「この決定を受けて、スクーデリア・トロ・ロッソは、すべてのパーツを自社で設計できるマニュファクチャラーになるために必要なインフラを作ることを余儀なくされた。我々はより多くの人を雇わなければならなかった。当時のおよそ100人の従業員から現在では約400人を数えることができ、ファエンツァとビセスター(300/100)のファクトリー間で分けている。シナジー・プロジェクトにより、人数を増やすことなくパフォーマンスの向上を目指すことができる。我々はいくつかのパーツを購入し、他のすべてを設計し、製造するためのより多くの心と手を持っている」

トロロッソの副テクニカルディレクターを務めるジョディ・エギントンも、レッドブル・レーシングとパーツを共有することには大きなメリットがあると語る。

「クルマをレイアウトするデザインプロセスに関しては何も変わっていない。我々が手を加える変数が少なくなっただけだ」とジョディ・エギントンは語る。

「ただし、一定量の利用可能なリソースの枠組みの中では、パフォーマンスを向上させることができるクルマのコンセプトの他の分野にさらに焦点を絞ることができるため、これは機会を提供する可能性がある。我々の場合、それはシャシー構造の設計、ブレーキダクト、フロントサスペンションのパッケージング、そして、シャシーへの燃料と冷却システムの統合への集中を可能にした。これらすべての結果により、パッケージ化と軽量化の利点が得られ、チームは空力開発の可能性を広げることができる」

「シャーシ自体は、レギュレーションに従って、フロントのアウトボードサスペンションと同様に、冷却システム、パワーユニットの設置、ステアリングコラムのすべての側面は完全なトロロッソのデザインとIPだ」

「“リアエンド”はレッドブル・テクノロジーによって提供され、トロロッソのための重要な変更がなされている。ギアボックスの内部構造の多くは過去に使用した部品と似ているが、ギアボックスのケーシングとリアサスペンションを受け取っている」

「レッドブル・テクノロジーのパーツ供給にコミットすることで、可能な限りすべてを統合するために多大な努力を払う必要があるが、もちろん、これはトロロッソの単独の管理下にある。その点で、我々はトロロッソとレッドブル・テクノロジーが統合することに興奮しています。相乗効果は私たちがチームとして受け入れてきたコンセプトだ。それはトラックサイドで証明されている部品を受け取りながら、それに付随する他の分野やリソースに私たちのデザイン努力を再集中させる能力を与える」

フェラーリ=ハース=ザウバー、そして、レッドブル・レーシング=スクーデリア・トロ・ロッソのモデルは、小規模チームが競争力を発揮する唯一の方法となっていくかもしれない。

元FIA会長のマックス・モズレーは、その答えは予算上限にあると考えている。

「これまでにそうなことはなかったが、私が独裁者であったとしたとしたら、FOMのお金を使って各チームに6,000万ドルを渡すだろ。チームが受け取るスポンサー資金は彼らの利益になるだろう」とマックス・モスレーは Auto Motor und Sport に語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: トロロッソ