F1 トロロッソ・ホンダ ハンガリーGP
トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレー、ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治が、2018年のF1世界選手権 第12戦 ハンガリーGPへの意気込みと舞台となるハンガロリンクについて語った。

ハンガロリンクは14のコーナーで構成され、600m以上のストレートは1本のみと、ドライバーを苦しめるコース。また、真夏のレースとなるため、気温は35℃を超え、マシンと人の双方に限界を強いる。

ピエール・ガスリー
「ハンガロリンクでは2013年にフォーミュラ・ルノー2.0で優勝、2014年にフォーミュラ・ルノー3.5で準優勝、2015年にGP2で準優勝、2016年にGP2で優勝しました。自分とは相性のいいサーキットだと思います。テクニックが要求されるハンガロリンクは、僕の好きなサーキットの一つです。直線のセクションは限られているのでいいリズムで走ることが重要で、ドライバーの腕が試されます。流れに乗ることが大切で、コーナーでミスをしてしまうと、その後にある別のコーナーでのドライビングに大きく響いてきます。モナコと同じようにオーバーテイクは難しいので、普段よりも予選が重要になります。低速、中速、高速、ロング、ハードブレーキなどさまざまな種類のコーナーがあるので、純粋にドライブすることを楽しめるサーキットですし、F1マシンだとどんな走りができるのかも楽しみです。きっとおもしろくなるでしょう! 週末はとても暑くなりそうですが、気にはなりません。長くタフなシーズンの最中ですが、調子はいいです。準備は万全なので、いいリザルトを得てサマーブレイクに入りたいです。チームの気運を高めるためにもポイントを獲得することが大切ですし、それを実現するためにみんなでがんばっています。レースで走ることは好きですが、みんな疲労が溜まっていますし、家族と過ごす時間も必要なので、休養は大事です。このシーズン折り返しのブレイクは、仲がいい友達と過ごす予定です。そしてその前にブダペストで全力を尽くします!」

ブレンドン・ハートレー
「ハンガロリンクは、フォーミュラ・ルノー2.0やフォーミュラ・ルノー3.5などで、かなりの回数レースをしています。LMP2でいいレースをしたこともあります。走るのが楽しく、いい結果を収めているサーキットです。F1マシンで走る場合、ストレートで一息つくこともできないこのサーキットは、カレンダーの中で最も身体的にタフな場所の一つだと言われています。体調はいいですし、暑いコンディションの中でチャレンジしたいです。モナコほどではないとしてもオーバーテイクするのは難しく、普段よりも予選の重要度が高いです。ダウンフォースが強く、シーズンの中で最もパワーが要求されないサーキットの一つかもしれません。ハンガロリンクの観客は情熱的なレースファンですし、その雰囲気に触れるのが楽しみです。ブダペストには今まで何日か滞在したこともありますし、クールな街です。ホッケンハイムではポイントを獲得できましたし、この調子でサマーブレイクに突入できるようにがんばります」

田辺豊治
「週末を通して苦しみながら、最後に1ポイントを獲得できたドイツGPを終え、次はハンガリーに向かいます。ここハンガロリンクでは、ホンダのF1通算6勝を挙げています。その中でも1991年の本田宗一郎さん逝去直後のセナの勝利と、2006年のジェンソン・バトン選手の優勝は、私個人にとって思い出深いものになっています。例年、ここでは気温が30度を越える中でのレースとなります。ハンガロリンクは平均車速が低い点、また1周の距離が短いために電気エネルギー使用の選択肢が多く、バッテリーの仕事量が増えるなどPU全体の冷却バランスなどに注意が必要になります。パワー感度については比較的低い一方、低速コーナー立ち上がりなどでのドライバビリティーが重要になります。チームと一緒にパッケージとしてセッティングを煮詰め、夏休み前の最後のレースをいい形で締めくくれたらと思っています」

関連:2018年 F1ハンガリーGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: トロロッソ