エイドリアン・スーティル
エイドリアン・スーティルが、2014年 第2戦 F1マレーシアGPへの意気込みを語った。

エイドリアン・スーティル (ザウバー)
「マレーシアは、シーズンで最も暑いレースのひとつだし、湿度も高いのでチャレンジだ。うまく準備しなければならない。特にレース終了後にその違いに気づく。全員がレースを走り切らなければならないし、ドライバーは限界までプッシュする」

「トラックには、多くの速いコーナー、ロングストレート、ヘアピンがいくつかあるし、それがトラックをかなり面白いものにしている。空力が大きな役割を果たすこのトラックでクルマを走らせるのを楽しみにしている。僕たちをどの位置にいるかを知るために重要なレースだ。セパンでクルマが良ければ、他のトラックでも速いだろう。優れた空力、コーナーでのグリップ、ストレートでの高いスピードなど、全てが必要なトラックだ。クルマの空力の効率性が鍵だ。全体的に僕の望みはレース毎に改善していくことだ。マレーシアでのメインの目的は、もっと良い結果を出し、前進を果たすことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / エイドリアン・スーティル / F1マレーシアGP / ザウバー